« ピンポンダッシュ、ならぬピンポン観察! | トップページ | 井の中の蛙・天狗の鼻 »

2012年7月 5日 (木)

自分の名前 ~ヒッグス素粒子発見~

388

                      右側がヒックス博士

 科学者いや物理学者にとって、最高の夢は何だと思いますか?

 ノーベル賞をとること?

 いやいや、そんなのは小さいのですよ。

 些事ですよサジ。

 皆さん口には出しませんが、わたしは、この際、独断と偏見ではっきりと言ってしまいます。

科学者にとっての最高の夢は、「自分の名前の単位を世に残すこと」です。

 力のニュートン、磁力のガウス、圧力のパスカルなど、過去の誰もが知っているであろう物理学者は、単位に自分の名前を冠しています。

 しかし、これは狭い、本当に狭き門です。

 ブルドーザーが走り回り、崖が崩され、宅地造成がなされて家が建ち、数十年たった千里ニュータウンから古代の遺跡のカケラを探すようなものです。

 もう、何も残っちゃいない。

 潮干狩りシーズンの最終日夕方の浜辺ですよ。

 単位に自分の名をつけるためには、何か、これまで人の知らない法則、現象を発見し、それを「定性的」(つまり性質分析)にではなく「定量的」(その現象が数式で計算できるように、つまり人間の手で再利用ができ、有用である)に、体系づけなければならないのですから、並大抵の才能と努力と運では不可能です。

 それなら、せめて天文学者の夢、自分で発見した天体に名前をつけるように、新しい物質名に自分の名をつけたい――

 そう思った科学者たちは、ちょっとずるいことを考えました。

 ものすごい圧力、少なくとも太陽内部くらいの圧力と熱があれば、私の理論は証明されるんだけどな、今はだめだけど……

 という感じで、理論上はこんなことになる、こんなものが存在するはず、ただし、今の君の顕微鏡では見つからないけどさ、と、名前だけを先につけて、予言しておくのですね。

 湯川秀樹の中間子といい、実際に、そういうものは結構あるのです。

 そして、さる4日、あの「シュタインズゲート」のファンなら絶対知っている、ジュネーブの欧州合同原子核研究所「CERN(セルン)」が、大型粒子加速器を使った実験で、40年前に、英国のピーター・ヒッグス博士(83歳)がその存在を予言していた「ヒッグス粒子」を見つけた、と発表しました。

 分子、原子、その原子よりも小さい素粒子の話です。

 ヒッグス粒子は、移動する素粒子にまとわりついて、動きにくくする=質量をもたらす粒子だそうですが、それなら、ヒッグス粒子よりは、パピィ(子犬)粒子、なんて名前の方が気が利いていたのにな、なんてことを考えてはならないのです。

 偉大な発見をしたと感じたら、まず自分の名をつけよ。

 これは、科学の神様から、科学者に下された厳命です(ウソ)。

 いずれにせよ、ヒッグス博士83歳、よくぞ長生きされました。

 生きて、自らの研究成果を目の当たりにすることができたのですから、彼は幸せです。

p.s.
 宇宙兄弟では、金子博士は見つけた星に妻シャロンの名前を冠したのでした。

 同様に、研究成果に自分の名前でなく、妻の名を付けた科学者を寡聞にしてわたしは知りません(もちろん、実際にはそういう人もいるのでしょうが)。

|

« ピンポンダッシュ、ならぬピンポン観察! | トップページ | 井の中の蛙・天狗の鼻 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/55129184

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の名前 ~ヒッグス素粒子発見~:

« ピンポンダッシュ、ならぬピンポン観察! | トップページ | 井の中の蛙・天狗の鼻 »