« まだ100年あまりのビッグイベント 近々開催! | トップページ | ソウルフード! »

2012年6月24日 (日)

アース・ノッカーズ (ラジオドラマ原作:PDF)

 ラジオドラマを先にアップして、これを上げるのを忘れていました。

 遅ればせながら掲載させていただきます。

----------------------------------------------------------

 子供の頃から、なぜだか頭から離れない光景がある。

 それは、荒れ野の発掘現場。

 深く掘り下げた地面の下から、まばゆい光沢の、見たことのない機械が姿を現す。

 深く掘れば掘るほど、最新式の、新しいマシンが発見、発掘されるのだ。

 もちろん、そんな光景を実際に見たことはない。

 ぼんやりと橋にもたれて、河の流れゆく先を眺めている時などに、そういったイメージが頭に浮かぶのだった。

 故小松左京氏のホラー小説に「骨」という作品がある。

 ある男が、地面を掘る。

 初めは、恐竜の化石、ついで木簡、掘れば掘るほど見つかるものが新しくなって、ついに彼は、自動車の部品を掘り当て、地面の外に出る。

 そして知るのだ。

 自分がとうの昔に死んでいる亡者で、地面の底から地上にむかって穴を掘っていたことを。

 おそらくは、子供の頃に読んだ上記作品が引き金となって、初めに書いたような、奇妙なデジャヴュ(ともいえないが)が頭に浮かぶのだろう。

 差し障りがあればお詫びするが、わたしは昔から「考古学」の発掘現場というのが苦手だった。

 掘っても掘っても、出てくるのは、骨、貝、真っ黒になった木の板(木簡)、あげく見つかるのは、千年前のトイレの跡……

 もし、掘れば掘るほど、現代の人間に理解のできない未知の科学機械(オーパーツ)が出てくるなら、わたしは、なにを置いても、考古学の道に進んだに違いない。

 そんな、「地面の下に行くほど新しいマシンが出てくる世界」を舞台に、女ばかりの採掘集団アース・ノッカーズが経験した人類創世の話が、今回の原作です。

 これも来月にはラジオドラマになると思いますので、その時は、また音声ファイルをアップしようと思います。

 よろしければ、お読みください。

PDFダウンロード(182k)

|

« まだ100年あまりのビッグイベント 近々開催! | トップページ | ソウルフード! »

自作小説(PDF)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/55040360

この記事へのトラックバック一覧です: アース・ノッカーズ (ラジオドラマ原作:PDF) :

« まだ100年あまりのビッグイベント 近々開催! | トップページ | ソウルフード! »