« ダメな兄貴とトンデル弟 ~宇宙兄弟~ | トップページ | 志村ぁ~うしろーじゃない!  ~ドリフターズ~ »

2012年4月29日 (日)

もし原作を知らずんば…… ~峰不二子という女~

280

 今、毎水曜深夜に、怪しげなアニメが放映されています。

 その名も「LUPIN The Third 峰不二子という女」    公式サイトhttp://fujiko.tv/

 あの、ルパン三世からスピンオフしたアニメです。

 主役は峰不二子ですから、ルパンが出ない週もあります。

 現在のところ、第四回まで放映されています。

 登場キャラクターで紹介すると、

 一話 ルパン
 二話 次元大輔
 三話 石川五右衛門
 四話 銭形警部

 一話では、若きルパン三世との初めての出会いを描き、
 二話では、次元大輔の恋の現場に居合わせ
 三話では、五右衛門の斬鉄剣に服を切り裂かれ
 四話では、ファントム オブ オペラをモチーフに、銭形警部との絡みを描く。

 観始めると、まずオープニングでドギモを抜かれます。

 さすが深夜番組。「嵐が丘」のモノローグをバックに、全裸の峰不二子が駆け回るエロティックさ。

 内容も、青年誌連載の、モンキー・パンチ原作のルパン三世に近いテイストとなっています。

 だから、もちろん、峰不二子は、『女の武器』を使いまくり!

 女流監督の作品ですが、男が描いたら、「ステロタイプの女性観」「女性蔑視」と叩かれかねないほどの内容です。

 登場する男たちも、その誰もが「女に弱い」(性的な意味で)キャラクターになっています。

 例えば、銭形警部などは、オコチャマ用にデフォルメされた赤ジャケ(ット)ルパンでは、女性が苦手なタイプに描かれていましたが、第四話では、不二子と性的関係を持つ描写すらされているのですね。

 これは、特に赤ジャケ・ルパンファンにはつらいものがあるでしょう。

 ファースト・シーズンの緑ジャケ(ット)ルパンを知っている方なら、五右衛門が、すっかり不二子の色香に騙されて「不二子ちゃん」などと言っても、違和感なく聞くことができるでしょう。

 なんせ、五右衛門登場の回では、「不二子ちゃんはそれがしのガールフレンド」などと言っているくらいですから。

 しかし、大塚周夫版五右衛門でなく、井上真樹夫五右衛門のファンだと、それは許せないでしょうね。

 次元大介だけが、かろうじてTVアニメの性格を保っているように見えます。

 作品の雰囲気は、ファースト・シーズンに似た無国籍なテイストで、好感がもてますし、陰影がついた画面も、個人的には好みです。

 銭形が「昭和ヒトケタ人情派」ではなく、非常な感じなのも良いですし、彼を慕う美形の青年もイイ感じです。

 ストーリーも、第三話はともかく、その他のものは、なかなかヒネリが効いていて面白い。

 第四話のファントムも、映画「ファントム オブ パラダイス」に似た仮面を被っているうえ、最後のどんでん返しも悪くないように思えました。

 四話までで、一通りメイン・キャラクターの顔見せが終わったため、五話以降を、どういう展開にもっていくのかが楽しみです。

 おそらく、他のキャラクター同士の邂逅(であい)を描くのだとは思いますが。

 とにかく、もし原作を知らなければ、今回のアニメ化で突然ルパン三世のメイン・キャラクターたちの性格が変わった、なんでこんなバカなものをつくるのか、と怒り出してしまうかもしれませんが、個人的には、こういったアダルト感の豊かなアニメは好きです。


 実は、私は、ルパンのファースト・シーズンの始まった日のことを覚えてます。

 当時は、まだ子供だったのですが、その日の新聞のテレビ紹介欄に、はっきりと「大人のアニメあらわる」と書かれていたのです。

 つまり、ルパン三世は、もともと、こういったテイストの「大人のアニメ」だったのですね。

 その意味で、今回の「峰不二子という女」は、正統な先祖返り作品といえるのかもしれません。

|

« ダメな兄貴とトンデル弟 ~宇宙兄弟~ | トップページ | 志村ぁ~うしろーじゃない!  ~ドリフターズ~ »

アニメーション感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/54582655

この記事へのトラックバック一覧です: もし原作を知らずんば…… ~峰不二子という女~ :

« ダメな兄貴とトンデル弟 ~宇宙兄弟~ | トップページ | 志村ぁ~うしろーじゃない!  ~ドリフターズ~ »