« お前がいないとダメだ ~レポゼッション・メン~ | トップページ | 優しいロボットが本当の主役 ~月に囚われた男~ »

2012年4月24日 (火)

八分間の無限ループ ~ミッション:8ミニッツ ~

277

 以前から気になっていた、「ミッション:8ミニッツ」を観ることができました。
 
 大事故を起こした列車の、事故8分前に現場に行き、犯人を突き止めるというSFサスペンス映画です。

 詳細は公式サイトの予告ムービーでも観ていただくとして……

http://disney-studio.jp/movies/mission8/

 この作品は、テンポもよく、役者も演出も魅力的で、観やすい映画です。

 しかし……


 結論からいうと、悪くないけれど、なんだか釈然としない映画です。

 アリテイにいえば、設定がありきたりで、無理がある話なんですね。


 「脳という牢獄に閉じこめられた人間」というテーマは、漫画家の木城ゆきとが二十年前に「銃夢」で描いていますし……


 だいたい設定に無理が、ありすぎるように思います。

 いや、無理があるのは良いのです。

 少々無理があった方が、ギャグもシャレも面白くなりますし?!

 しかし、無理があり過ぎると、ちょっと気持ちが引けてしまうのですね。


 すでに死んだ男の脳の、死の直前の8分にアクセスして、何が起こったかを読み解く、という話なら分かるのですが、それだと、普通に考えたら、その男が行っていない場所、たとえば列車の後部座席などを主人公が体験できるのはおかしい。

 もちろん、そういった不思議さを、最後の「うれしい、ありえない大どんでん返し」の伏線と考えるなら、それもアリなのかもしれませんが、それなら、このプロジェクトを指揮する、功名心丸出しの博士が、死者の行っていない場所へ、主人公が行ける不思議を、不思議に思わないのが不思議です(わけがわからない表現ですが)

 この表現、映画をごらんになられていない方には分かりづらいと思いますが、ご存じの方なら、分かられるのではないでしょうか?

 人の脳が持つ「能力の不思議さ」によって、あのラストが成り立つのであれば、それは良いのです。

 しかし、そもそも、このプロジェクトが可能になっている時点で、「あり得ないことを、主人公の脳が起こしつつある」ことを、博士たち観察者が、気づかないのが、なんとも不思議に思ってしまうのです。


 もし、博士たちが思うように、死者の記憶をバックアップして、その記憶にアクセスし、事件の全貌を解明するのが今回のミッション、であるならば、主人公がアクセスする学校教師の記憶に、爆弾の設置場所などが存在するはずがないのですから。


 まあ、この映画に関しては、あまり整合性を考えずに、ラストの、ドカンと下げてうわっと持ち上げる、ウッソーを楽しめば良いのかもしれませんがね。



 なんていいながら、監督のダンカン・ジョーンズ(デビッド・ボウイの息子)の一つ前の作品、それの成功があったから、この作品の監督が回ってきたといわれている佳作「月に囚われた男」を続けて借りてしまっているのですから、わたしも、この作品が結構気にいっているのかもしれません。

 しかし、主役のジェイク・ギレンホールは印象的な顔つきをしているなぁ。

 初めは、さして可愛いと思えなかったヒロイン(ミシェル・モナハン)が、どんどんコケティッシュで魅力的に見えてくるし。

 という点も楽しめるので、とりあえず、この週末、観てもいいかも映画に推薦しておきます。


P.S.
 映画を観返してみると、どうやら「特殊なプログラム」によって、主人公は、事故8分前を、自由自在に体験することができるようです。
 そういえば、ヒロインと共に事故直前の駅に降りて、爆発事故を回避したこともありました。
 8分後に研究室に帰ると、やはりヒロインは死んでいたわけですが。

 功名心旺盛な博士が、どのような「プログラム」を作ったのかはわかりませんが、ひとりの男の記憶を用いて、災害を再現している限り、主人公が体験するような自由度の高い行動はとれないと思いますので、SF映画としては、そのあたりが見過ごすことのできない瑕疵になっていると思います。

|

« お前がいないとダメだ ~レポゼッション・メン~ | トップページ | 優しいロボットが本当の主役 ~月に囚われた男~ »

銀幕のこと(映画感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/54548311

この記事へのトラックバック一覧です: 八分間の無限ループ ~ミッション:8ミニッツ ~ :

« お前がいないとダメだ ~レポゼッション・メン~ | トップページ | 優しいロボットが本当の主役 ~月に囚われた男~ »