« オーバーテクノロジのレトロ・ヒーロー 好きよキャプテン! ~キャプテン・アメリカ~ | トップページ | ちょっと惜しかったB級SF フジテレビ「O-PARTS~オーパーツ~」 »

2012年2月24日 (金)

戦場に生き戦場に…… ~マリィ・コルヴィン死す~

 シリア滞在中の欧米ジャーナリストたちが、潜伏していた建物を攻撃されて、殺されました。

 テレビはみないので、日本の番組で、どの程度放送されたかわからないのですが、世界の主要メディアは、彼らの死をこぞってメインニュースにとりあげています。

 当然のことながら、彼らは政府批判のため、つまり「正確な」報道をするために入国しようとするため、国からの「正式な」許可は下りず、結果的に密入国をしています。

 シリア政府は、それを理由に、謝罪その他の正式対応は一切しないとコメントしました。

 犠牲になったジャーナリストの中に、サンデー・タイムズの記者であるマリィ・コルヴィンがいます。

 彼女は、およそ三十年にわたって、シエラレオネからチェチェンにいたるまで、世界の危険な紛争地ばかりを取材してきました。

 一年前には、あのカダフ大佐に独占インタビューもしています。

 以下は英BBCの映像です。

261

 彼女は、中東を中心にジャーナリストとして活躍しました。

 他の人が見ることができないものを見、伝えることが使命だと考えていたのです。

 そして、それを身をもって実践してきました。

262

 強すぎる勇気は、時に代償を求めます。

 2001年、彼女は、スリランカ内戦の取材中に爆発に巻き込まれ、左目を失明しました。

263

「取材報道にリスクはつきものです。リスクを冒さずに取材はできません」

 その時のコメントです。

264

265

 多くの他の紛争ジャーナリスト同様、彼女の母は、

 「娘は、大好きな仕事をしていて死んだのです」

 と、(表向き)淡々と彼女の死を受け入れているように見えます。

 単に危険という異常に、危険な仕事です。

 常に覚悟はされていたのでしょう。
 

266

 凛々しい人です。

 これほど黒のアイパッチが似合う女性を、彼女以外では、アンジェリーナ・ジョリィ演じる「スカイキャプテン」のフランキィしか知りません。

267

 最後に……

 シリアに密入国した際の、彼女のメールが残っています。

「オフロード用のバイクで、猛スピードで野原を横切るのはちょっと面白かった。近くにシリアの検問所さえがなければもっとよかったのに、近いうちに会いましょうね」

 戦争記者マリィ・コルヴィンは、2012年2月22日になくなりました。

 この世から、またひとり、ハンサムな女性がなくなったことを切にいたみます。

|

« オーバーテクノロジのレトロ・ヒーロー 好きよキャプテン! ~キャプテン・アメリカ~ | トップページ | ちょっと惜しかったB級SF フジテレビ「O-PARTS~オーパーツ~」 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/54062719

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場に生き戦場に…… ~マリィ・コルヴィン死す~:

« オーバーテクノロジのレトロ・ヒーロー 好きよキャプテン! ~キャプテン・アメリカ~ | トップページ | ちょっと惜しかったB級SF フジテレビ「O-PARTS~オーパーツ~」 »