« 今は昔の力強き歌詞 ~マイティ・ハーキュリー~ | トップページ | 謎の男ソラノ(自作小説:PDF) »

2012年2月17日 (金)

その人は美しく、お節介、健気でおきゃんな役の似合う人だった ~淡島千景死す

 このところ、わたしが楽しみにしているものの一つに、BSプレミアムで放送されている、「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」があります。

「楢山節考」(当然、1958年制作の木下啓介版)などの有名ドコロはともかく、今回紹介する、「本日休診」(1952年渋谷実監督)のような、こういったきっかけがない限り、わたしのような凡俗の人間が観るはずのない映画を、選んで放映してくれるのが嬉しいのです。

241_2

 「本日休診」は、昨今の韓国ドラマのような「劇的な展開」はなく、ただ淡々と、「戦後日本の貧乏生活を、老齢にさしかかった医者の目を通して描く佳作です。

 ドラマティックな展開はない、と書きましたが、それでいて退屈することがない。
 これは名作の本質です。

 貧乏で貧相で貧しく(って、みんな同じ意味ですが)、世知辛く、もの悲しい景色が、モノクロ映像を通じて描かれると、一種、つるりとした硬質の美しさをもって胸に迫ってくる。

 貧乏長屋のドブ板すら、なんだか妙にきれいに見える。

 息子を戦地で亡くし、甥を後継者にして、戦後に医院を再開した老医師が、医院再開一周年を迎えて、医院を休みにし「本日休診」の札を掲げるところから物語は始まります(昭和27年:晩年悪役の多かった柳永二郎が素晴らしい)。

 そこへ、戦争で頭がおかしくなった男(今で言うPTSDですか)、警察、チンピラ・ヤクザ、大阪から状況するなり暴行される少女、無一文の盲腸患者、兄の金のために権力者に身体を委ねる女性などが、次から次へと登場する悲喜劇、というのが「本日休診」のあらすじです。

 しかし、その登場する役者が何とも豪華。

 男の意地で小指を落とすから麻酔をしてくれ(という時点でチンピラというのがわかります)という小悪党が、すっきりとした二枚目の鶴田浩二!

242

 脇役の脇役、ちょっとだけ顔を見せる医院に務める看護婦が岸恵子(わたしには、どうにも、この人が美しいとは思えないのですが……)。

 ダチ公である無一文の盲腸を患者を入院させ、本日休診で人手が足りない、という医師に「戦時中、俺は衛生兵だったから外科手術は手伝えるぜ」と言い切り、金を払いたくないばかりに、最後には、ロープで二階の入院部屋から友だちと脱出するセコい男に、なんだか悪い面がまえの多々良純(って、若い人はしらないかな)。

 貧乏ながらも真っ直ぐに育ち、暴行された女性を好きになる好青年を演じるのが、佐田啓二。

 戦争の後遺症で精神異常をきたし、未だ戦地にいると勘違いして、道往く人すべてに、敬礼、整列を要求する男に三國連太郎!

 この三國に対する、まわりの人々の接し方がいい。
 皆が優しく彼につきあってやるのだ。

 そこには、彼こそが、「あの」まだ傷跡も記憶も生々しい戦争の被害者なのだ、という、共通意識があるからでしょう。

 三國の行動は滑稽で、それにつきあう人々の行動も、一見バカバカしく見えますが、そこには、ユーモアとペーソスが確かに息づいています。

 観ていて涙が出てくる。

 あ、自分で書いて、気づきましたが、最近、『ペーソス』という言葉を耳にしませんね。

 アイデンティティだのリビドーだのといった「自分中心の言葉」は、よく聞きますが、アイロニーだとかペーソスといった心のヒダを表す単語……ああエレジィも聞かないな。

 ご存じのように、ペーソスとはPATHOS、倫理社会などではパトスと習いますね。

 日本語では「もの悲しい情緒」と訳されることが多い。

 ユーモア(本来この発音なのに、英国ではいつのまにか、Hを発音してヒューマーだって!)とは正反対(マギャクっていう、お笑い芸人から広まったバカ語は使いたくないねぇ。ま、どうせ定着するだろうけどさ)の言葉です。

 ユーモアとペーソス、かつて、人情喜劇映画の紹介に、かならず使われたこの言葉は、今や、ほぼ死語となってしまいました。

 おもろうて やがて かなしき うかいかな

 というような、しみじみとした、もの悲しさより、ガイコク風の「うぇーん、わーん、ぎゃー」と叫ぶ爆発的感情表現(あーいやだ)の方が現在の日本人には合うらしい……

 そんな日本人いらねぇよ。

 仕事もせず、妹に金を頼って、バクチに精出すダメ兄に、旧版「白い巨塔」の東教授役でおなじみの中村伸郎。この人は、年をとってからの「超インテリ役」しか知らなかったので、この映画における貧乏な長屋のダメ兄貴ってのが、なんとも新鮮でした。

 そして、そして、そして……兄の金のために、鶴田浩二という恋人がいながら、闇屋らしき権力者の男に身を任せ、あげく妊娠し、その子がお腹で死んでしまったために、つねに貧血とめまいに襲われている娘役を、美しくきれいで、眉目秀麗で、すっきりとした立ち姿で、えーい、私の貧相なボキャブラリでは表現できないが、その上、お節介で、おきゃんで清潔な性格が、ぴったりと似合う淡島千景が演じています。

243

 特にわたしが好きなのは、「君の名は」(もちろんオリジナル。リメイクがあるそうですが、わたしは知りません)で、主演の岸恵子演じる真知子の友人、美しく、きれいで、眉目……もういいって?そしておきゃんで、気っ風がよくて、さっぱりとして、優しくて、何事にも負けない魂の力強さを感じさせる(岸恵子演じるマチコとは正反対の)水商売の女性、綾ですねぇ。

 そうそう、「君の名」は、もそうですが、この「本日休診」も、出てくる若い女性は、ほぼ全て美しい。

 さすが、「映画女優みたいな」、という表現が生きていた時代です。

 いまみたいに「どこにでもいるおねーさん」や、「明日からわたしもテレビの向こう側に行けるかも、だって、あの人よりわたしの方が……」なんて、間違っても思えない人々が登場していた銀幕なんですから。

――ほぼ……「すべて」うつくしい女性が出ている、と言えないのは、岸恵子のオタフク顔が、時折、画面に映るからです。残念だなぁ。

Shot0321

 わたしは、女性の値打ちは美醜にはないと信じる者ですが、同時に、昭和二十年代の映画女優の値打ちは美しさにアリ、と固く信じているのです。

 ま、彼女の人気は、その容姿でも演技でもなく、彼女がハラの中に持っている自意識の高さ、ガイコク好き、あげくガイジンと結婚していつのまにか国際通扱い、という、見識と生き方にあるのでしょうなぁ。

 そんなのに憧れるのはつまんねぇけどね。

 だったら、誰もやらない時期に赤毛パーマを貫いた淡谷のり子の方がずっとカッコいいや。

 閑話休題

 淡島千景が昨日なくなりました。

 享年87歳。

 彼女は、戦中戦後と宝塚の娘役のトップスターとして活躍しました。

 その美しさ、凛々しさは、数度だけ演じた男性役を観た宝塚近郊に住んでいたある男が、彼女を主役にしたハナシを描きたくて仕方がなくなって、ついに漫画に描いてしまったあげく、それをアニメにしてしまったほどです。

 仕方ないよなぁ、手塚治虫。

 あのくりくりした瞳と髪形を見たら「リボンの騎士」を描いてしまうよなぁ。

 その後も、モリシゲと組んだ夫婦善哉、駅前・社長シリーズでは、やっぱり色っぽくおきゃんな芸者を演じ、コメディエンヌとしての才能を開花、そのスゴさは、美しさと芸風にあやかりたいと、淡路恵子やホシュピタルの扇千景が、名前の一字をもらって芸名にしてしまったほどでした。

 上記、名前をもらったバカ役者と違い、かつがれてホシュピタル政治家になることもなく、いち女優として一生を過ごされ、晩年も、つい最近まで日本俳優連合名誉副会長を務められました。

 美人薄命を返上する、太く長い生き方は、まことに見事。

 ま、岸恵子が、まだ生きてるのはわかりますけどね。

 最後に、彼女の芸名のもととなったとされている、小倉百人一首、源兼昌が一首を……

 淡路島 かよふ千鳥の なく声に いく夜ね覚めぬ 須磨の関守

 長い間おつかれさまでした。元気にお眠りください。

|

« 今は昔の力強き歌詞 ~マイティ・ハーキュリー~ | トップページ | 謎の男ソラノ(自作小説:PDF) »

銀幕のこと(映画感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/54005462

この記事へのトラックバック一覧です: その人は美しく、お節介、健気でおきゃんな役の似合う人だった ~淡島千景死す:

« 今は昔の力強き歌詞 ~マイティ・ハーキュリー~ | トップページ | 謎の男ソラノ(自作小説:PDF) »