« 音で聴く小説:ラジオドラマ「火の国にて」 | トップページ | 雨の熊本城 »

2011年8月13日 (土)

さらば地球よ!旅立つ艦は……Space Battle Ship ヤマト

 あたりまえなことですが、今回の「スペェス・バトルシップ・ヤマト」は、あの、アニメ版「宇宙戦艦ヤマト」のリメイクとして制作されました。

 原作は、わたしを含めて熱烈な往年のファンが多数存在する作品です。

 評価はどうしても辛口になることでしょう。

 その中で、わたしのお気に入りのブログはこれです↓
    http://culgon.doorblog.jp/archives/51650616.html

 辛辣にいえば、わたしも、まったく上記ブログ作者と同じ気持ちではありますが、今回は、この映画の良い面に目を向けてみようと思います。

 さて、上記のとおり、今作品はリメイクとして制作されました。

 その踏襲ぶりはかなりのもので、劇中で交わされる会話にも、往年のファンをむぅ、をを、と唸らせるものが多く使われています。

しかしながら、二時間の映画で、テレビ・シリーズ26話すべてのエピソードを網羅することはできません。

 いや、その上、今回の実写は、さらにアレ(後述)まで混ぜたストーリーなので、なおさら無理です。

 よって、いたるところ、ストーリーが割愛されています。

 個人的には、ぜひ入れて欲しかった、地球に別れを告げるフェアウェル・パーティーの「さよーならー」が入っていないのが痛かった。

 それほど長い時間を要するエピソードではないだけに、あれは、やっても良かったのではないかと、今も思います。

 第一艦橋上部の巨大スクリーンに映し出される、最後の地球の映像に対して、乗員たちが口々に叫ぶ「さよーならー」。

「必ず帰ってくるぞ-」という言葉。

このシーンこそが、たった一隻で、大宇宙そして巨大な敵に挑まねばならないヤマトという悲劇の戦艦の孤独と悲哀と「必ず帰って来なければならない重圧」を表す象徴的名場面だと思うからです。

 まあ、これがカットされた理由はわかる。

 設定によると、今回のヤマトの旅は二ヶ月あまり。

 365日をかけて大マゼラン星雲を往復するアニメ版とは地球と別れる期間が違う。

 おそらく、制作者は、孤独感を取るよりテンポ良く戦闘連続されるリズムの良さをとったのでしょう。

(友人は、出発に際して、パレードをし、正式に”見送られて”出たTV版と、緊急発進した映画版の違いだと言っていますが……)

 今回の映画化で、あらためて気づきました。

 宇宙戦艦ヤマトは独特のアニメーション、いや物語です。

 ヤマトが、他のほとんど(いや、全てといっていい)アニメーションと違う点は、「たった独りで」「敵だらけの」「未踏の暗黒宇宙(ブラック・アフリカの顰みに習ってブラック・スペース)へ」「数キロ先にかすかに灯る燐光に等しい希望(イスカンダル)だけを頼りに」「援護のない」「しかし、決して片道航海であってはならない」旅をせざるを得ないというシチュエーションであることです。

 孤独に、後方支援のないまま敵だらけの宇宙をゆくという点では、「伝説巨神イデオン」が、多少似てはいますが、ピンチになると、制御不能ながら、失われた古代スーパーパワーが「都合よく発動」して人々が助かるという時点でヤマトとはまるで違う話です。

そう、断言すれば、アニメ版「宇宙戦艦ヤマト」は、子供向けアニメーションに「絶対孤独(松本零士ふうにいえば)」を導入したことで、他のあらゆる後追いアニメーションたちと、一戦を画す作品となり得たのです。

 ヤマトの先達であり、多くのインスパイアを受けたであろう、石森章太郎の「空飛ぶゆうれい船」(大好きな作品ですが)も、圧倒的孤独感という点では少し弱い。

 ストーリー自体は、さすがに泣かせる人情ものの名手、山崎貴監督だけのことはあって、アニメ版のTVシリーズと映画版「さらば宇宙戦艦ヤマト」のピースをうまくあてはめて、破綻することなく、ヤマトええとこどり、の作品に仕上がっています。

233

 うまくできすぎていて、主演が木村拓哉であることも、森雪のコスチュームがタイツふうでないことも、艦橋の造作が、「いかにも日本の特撮人が好みそうな、ツルッとしたものでない、ケーブルとかをむき出しのブサイクなセット」であることも、気にならなくなるほどです。

コスモゼロが、中折れ式?で、それをうまく用いて、被弾した森雪を救出するのも良い。

 古代が怖気づいて戦線離脱したと考えている森雪と古代の微妙な感情関係、それにより、森雪の古代に話しかける言葉遣いが、上官に対するものでありながら、微妙に感情的であるのも魅力的です。

 このあたり、脚本が女性(佐藤嗣麻子氏)であることも影響しているのでしょうか。

 昨今のエバンなんとかとかガンダムだったら、もっとフランクな(わたし中では、蓮っ葉で無礼に思える)モノイイになっていたでしょう。

 何せ、ヤマトの世界は、世の中の多くのお母様方と教育者が嫌いな、ストレートな軍隊の世界なんですから。

 それゆえ、ヤマト以後のアニメの脚本家たちは、軍隊がかった話を描く時には、イエッサーの世界はではなく、平然と上官に反抗する、わがままエセ軍隊を描くように腐心することになるのです。

 少し話を変えます。

 他稿でも描きましたが、わたしは物心ついてから長らく、ボーイスカウトの世界に身をおいて来ました。

 えーと、ここからは、それは違うぞ、と思われるムキもあるでしょうから、少し小さい声で、いや小さい文字で、いやめんどくさいから、そっちで小さい文字として読んでください。

 つまり、わたしは長らくボーイスカウトの世界に身をおいていたのです。

 そこでは、日常の一部として敬礼があります。
 部下に支持を与える時も敬礼。
 報告をする時も受ける時も敬礼。
 別れる時も敬礼。
 事故で死んだ友人に別れを告げるのも敬礼。
 善き行為に表彰された者を称えるのも敬礼。

でした。

 しかし、どうも、世の中には、敬礼を軍隊と結びつけ(さらに軍隊を戦争に直結させ)、敬礼を人の上下関係を示す悪しき習慣であると考える風潮があるように感じます。

 確かにそういう面はあるでしょう。

 しかし、ごく普通に敬礼を行って来た経験からすれば、敬礼は、言動や行動の節目をきっちり示し、その行為、人や人々自身に、敬意と無限の哀悼を簡潔に示すことのできる動作であって、決して悪い行為ではないと思えてしまうのです。

 先に書いたように、ヤマトの世界は、戦闘の世界、軍隊の世界です。

 戦時において、大(集団)を生かすために小(自己)を犠牲にする、という行為は、その是非はともかくとして、歴然とした戦力差がある時に、選択せざるを得ないことがあります。

 人間同士なら、話し合いで戦闘、戦争自体を回避することができるかもしれません。

 しかし、生存の概念から違う、異世界の生物との戦闘においては、それが不可能なこともあるでしょう(トップをねらえ!!の宇宙怪獣や戦闘妖精雪風のジャムなど〈アンブロークン・アローについては別項で書く予定〉)。

 今回の、ヤマトの敵も「外宇宙異性物」でした。

 よって「戦イハ不可避ナリ」

 ヤマトでも戦闘で多くの乗組員が死んでいきます。

 孤立無援の宇宙空間での戦闘で、誰も死なず、全員無事に戦闘を終えるというのは意味のないファンタシーです。

 結果、「地球を頼む」という言葉を残して、彼らは死んでいくことになる。

 残された者ができるのは、「お前たちの気持ちは確かに受け取った」「お前たちの行為は立派であった」「尊敬する」「ありがとう」が複雑に入り乱れた気持ちを、ただ一回の敬礼に込めることだけです。

 長々と哀悼の意を告げる時間は、戦闘中にはないのですから。

 このあたりを、アニメ(特にさらば?)同様、映画はよく描けています。

 それに関連して‥‥‥‥

 敬礼経験者として、映画の中で、思わず微笑むシーンがあります。

 それは、古代が、後に自らの手で殺してしまう、第三艦橋勤務の安藤と再会するシーンです。

 敬礼をする安藤 に対し、古代が黙って近づいて、腕の角度、胸の張りを矯正してやる。

 これは、敬礼初心者に対し、先輩が「必ずやってしまう」行為です。

 自分で思っている以上に、敬礼の腕は上がったり下がったりしているもので、第三者によって確認してもらわないと変な形になってしまう。

 かといって、(昨今はわかりませんが)男が鏡の前で、独り敬礼の練習をするのも妙なもので、結果的に第三者の矯正が必要になるのです。

 一発で、美しい敬礼が決まるようになると、一応一人前とみなされる。

 旅が進むにつれて、ヤマトの乗員たちは死んでいきます。

 TV版ヤマトではなく、映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」のストーリー通りに。

 それこそ、ほとんど全員が死んでいく。

最後に、ヤマトのラブ・ストーリー面としての話を書いておきます。

群像劇ではないので、ヤマトのラブ・ストーリーは、主人公の古代進と森雪の一組です。

医療班だった森雪をブラック・タイガーのエースとして、アクティブ・ガールとして描く。

 そうすることで、同じ戦闘機乗りとしての敬意と、早々に戦線離脱して「レアメタル回収業者?」になってしまった古代に反発を持つ魅力的なヒロインが生まれることになりました。

 さらに、先に書いた、安藤のいる第三艦橋に敵船がとりついて、自爆しようとする際には(原作ではドメル将軍の名場面)、戦闘班長としての古代の命令をうけて、第三艦橋の連結部をミサイルで吹き飛ばす『仲間殺し』を森雪は行うことになります。

 個人的に、このシチュエーションは魅力的です。

 立場が逆で、上司が女性で、男の部下に同様の命令を下す、というのでもいい。

 つまり、本来、愛するがゆえに「させたくはない汚れ仕事」を、立場上命令せざるを得ない状況、が魅力的なんですね。

 「さらば~」で、佐々木いさおが声優をやっていた空間騎兵隊の齋藤も登場し、本来なら彗星帝国相手に死ぬところを、ガミラス本星で、お約束の武器を構えたまま死ぬ「立ち往生」を見せてくれます。

 映画の前半で、彼が母親役の藤田弓子さんと交信するシーンは、後の立ち往生の見事な伏線となっています。

 最初は違和感のあった柳葉敏郎の真田士郎は、映画を観ているうちに、まったくおかしさを感じなくなりました。(しまいには、柳葉の叫ぶ声は、若き日の青野武史(アニメ版声優)に似ている、とまで思うようになった自分が怖い)

 また、アニメでは第一回から登場し、ヒロインの森雪に恋をして、なぜ自分はキカイなのだろうと悩みさえするアナライザー・ロボットは、今回の映画で、コスモ・ゼロの拡張AIユニットとして、古代専属の携帯型PALコンピュータになっている。

 これはつまり、スターウォーズのR2D2の役どころですね。

 最後に、アニメ版アナライザの憧れだった、八頭身身長3メートル戦闘型ロボットとなって、戦死するのは、監督のセンスでしょうか。

 高島礼子演じる佐渡酒造については、何も言いますまい。ただ、そういう人が出演していた、という記憶があるだけに留めましょう。

 橋爪功の地球防衛長官は、なんだか、驚くほどよい感じでした。

 落ち着いて、ちょっと諦観気味の物腰が、原作(アニメ版)の長官に似ているからでしょうか……

 そして、デスラー総統(と呼んでよいのか?)。

 お約束の伊武雅刀の声がイイ。

 さて、総評です。

 おそらくは尺の問題で、説明不足の点(なぜ波動砲封じのミサイルを撤去しなかった、とか)はあると思いますが、全体としては、かなり良い出来だと思います。

 まだ、ご覧になっておらず、戦時における自己犠牲に過度に敏感でない方であれば、観て楽しめる作品だと思います。

 本作の、真の主人公である、全長500メートル(アニメ版よりデカくなってる!)のヤマトも魅力的に描けていますしね。

P.S.

 初回放映時以来のファンなのに、どうして今回のヤマトに、好意的な意見が書けるのか、という質問を受けました。

 しばらく考えたのちに、一応の結論に辿り着いたので、追伸として書いておきます。

 マリー・ローランサンに「鎮痛剤」という作品がありますね。

       鎮 静 剤
              マリー・ローランサン
                  堀口大學 訳

 退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

 悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

 不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

 病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

 捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

 よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

 追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

 死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

 つまり、わたしにとっては、完全に満足のいく作品でなくとも、「宇宙戦艦ヤマト」が過去のアニメの歴史として残るだけではなく、現在進行形の作品として、日々新たにリメイクされる方がより重要であると考えるために、作品の良い面に目を向けたくなるのだと思うのです。

なにせ、

 つまらない作品としてリメイクされる映画より もっと哀れなのは

 忘れられた映画です

 から

|

« 音で聴く小説:ラジオドラマ「火の国にて」 | トップページ | 雨の熊本城 »

銀幕のこと(映画感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば地球よ!旅立つ艦は……Space Battle Ship ヤマト:

« 音で聴く小説:ラジオドラマ「火の国にて」 | トップページ | 雨の熊本城 »