« コミックであるには過剰過ぎる野心 パンプキン・シザース(ラスト) | トップページ | さらば地球よ!旅立つ艦は……Space Battle Ship ヤマト »

2011年8月12日 (金)

音で聴く小説:ラジオドラマ「火の国にて」

以前、311の津波&放射能災害に衝撃を受けて、気持ちを落ち着かせるために、

「311感情のベント 火の国にて(ラジオドラマ原作不適当:PDF)」

  

という、ラジオドラマ原作を書きました。

 タイトルにあるように、あまりにも災害に直截(ちょくせつ)な繋がりを持つ内容であったため、恥かしすぎてドラマにするつもりはなかったのですが、ついのせられて(まあドラマ制作側も原作がなかったのでしょう)ドラマ化を承諾してしまいました。

 しかしながら、出来上がってみると、主に演出と声優さんたちの力量のおかげでしょうが、耳で聞くドラマとしては、なかなか面白い作品のように思えてしまったので、恥をしのんで、ここに掲載させていただくことにします。

 内容はほとんど変わらないのに、音声化するだけで、こんなにも作品の印象がかわるというのは、なんだか不思議です。

 よろしければ、お聞きください。

|

« コミックであるには過剰過ぎる野心 パンプキン・シザース(ラスト) | トップページ | さらば地球よ!旅立つ艦は……Space Battle Ship ヤマト »

自作ラジオ・ドラマ(MP3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/52927861

この記事へのトラックバック一覧です: 音で聴く小説:ラジオドラマ「火の国にて」:

« コミックであるには過剰過ぎる野心 パンプキン・シザース(ラスト) | トップページ | さらば地球よ!旅立つ艦は……Space Battle Ship ヤマト »