« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月16日 (土)

あいつは最後までマンガって奴と関わっていたかったんだ

 その人は、不思議の国のアリスが好きだった。

 早くから、フランケンシュタイン(の創造になる怪物)を、無垢な魂を持つ、外見上の怪物として取り上げた。

 人の性格の多面性を、善と悪の混在する「二重人格」という型に落とし込んで、多くの傑作を生み出した。

 父と子の触れあいを、理想化された牧歌的情景の中で優しく描いた。

 同様に、熊を擬人化した「森の生活」物語で、人間関係の綾を見せてくれた。

 悪行を「悪」として斬り捨てるのではなく、それを自覚しながら堂々と「悪」を行うことを肯定し、その上で、悪行に対する「怒り」を持って、主人公に打ち砕かせた。

 つまり、その人は、軽々に「正義」を口にしなかった。

 その人は、眼球に対して、深い感情(おそらく愛憎半ばする)を持っていた(その気持ちが、いくつかの名作と登場人物?を生み出した)。

 その人は、あまりSF作品を描かなかった(わずかに残る作品のひとつに、ドンキホーテを主題にした佳作がある)。

 また、その人は、忍者を愛した。

 神話世界を愛し、王の王たる王、生まれながらの王についての、確たる信念を持っていた。

 その人の主人公の多くは、もともと優しい性格ながら、激しく(人と人生そのものに)裏切られルが故に復讐を誓い、力をつけ、復讐を果たした後に死にゆく者たちだった。

 その人は、少女漫画家だった。

 男性だった。

 特徴のある髭をはやし、自分のことを「髭クマ」と呼んでいた。

 その人はパイプを愛した。喫煙を愛した。

 故に、主人公の多くにパイプを与え、くわえ煙草をくゆらさせた。

 その人は2011年7月5日に急逝した。まだ若かった。

 死ぬまで、作品を書き続けた現役の作家だった。

 わたしは、子供のころ、姉のコミックで、彼の作品に触れて以来の、彼の崇拝者で、これからもその気持ちは変わらない。

 わたしは、彼の登場人物の真っ直ぐに立つ姿が好きだった(たとえそれが悪行を為す姿であったとしても)。

 訃報に接する数日前、どういうわけか「超少女明日香」と「ピグマリオ」「朱雀の紋章」を読み返したくなって、全巻読み終わったばかりだった。

 さようなら、和田慎二氏。

 わたしは、剛柔併せ持つ、あなたの作品が好きだった。

 世間的には「スケバン刑事」のみがクローズアップされた感があるが、それだけで終わる作家ではなかった。

 特に、「朱雀の紋章」は、月刊誌掲載時に読んで決定的な影響を受けた作品で、今でも、かならず、映像化されねばならない名作だと確信しています。

 最後に、氏が、ドン・キホーテをモチーフにして描いた佳作。

 老月面基地司令官が、ヒロインを守って、基地に激突する巨大水晶に向かって体当たりをする「騎士よ!」から、エピローグのヒロインの独白を……

 あたしは信じない。あの人たちはきっと生きている。だれよりも強いあなたたちが死ぬはずはないもの。

 はてしない遍歴の旅の第一歩を踏み出した証を私に見せるため

 てはじめに、竜を一匹退治してくださったのでしょう?

 いま、はるかに宇宙を翔けているのでしょう?

 ドン・キホーテ……わが最愛の騎士よ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »