« 氷かき器でしょうか?いいえ、オカカ七号です | トップページ | コミックであるには過剰過ぎる野心 パンプキン・シザース »

2011年6月 3日 (金)

311感情のベント 火の国にて(ラジオドラマ原作不適当:PDF)

 30分のラジオドラマ原作として、江戸時代の人情もの、市井(しせい)の子供たちを主役にした可愛い作品を、と要望されたのですが、311以後の東北の人々ことや政府の対応に頭を焼かれたようになって、このままではとても江戸情緒のハナシなど書けなかったので、まずは、自分の気持ちを落ち着かせるために、311を江戸時代に投影したハナシを書いてしまいました。

 もちろん、ストレート過ぎて、ラジオドラマにはなり得ません。ですから、本来、ここで公表するのも間違っているのかもしれないのですが、感情の「ベント」として、アップさせていただきます。

 よろしければお読みください。例によって短い作品です。

「火の国にて」

PDFダウンロード(228k)

|

« 氷かき器でしょうか?いいえ、オカカ七号です | トップページ | コミックであるには過剰過ぎる野心 パンプキン・シザース »

自作小説(PDF)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/51839843

この記事へのトラックバック一覧です: 311感情のベント 火の国にて(ラジオドラマ原作不適当:PDF):

« 氷かき器でしょうか?いいえ、オカカ七号です | トップページ | コミックであるには過剰過ぎる野心 パンプキン・シザース »