« 停電の誤解 | トップページ | 何かおかしい。気になること。 »

2011年3月22日 (火)

救助犬

twitterで、震災関係のタイムラインを追いかけていると、

「救助犬って、遺体しか発見できないと、しょんぼりしてしまうらしい。あきらかに睡眠が浅くなったり夜泣きをしはじめたり…。だから、ワザと隊員が隠れて生存者救出のマネをしてあげるそうな」

というツブヤキを目にしました。


 真偽どちらにせよ良い記事なので、ウラをとらずに、ここに転載しました。


 個人的には、犬より猫の方が好きなのですが、こういう話をきくと、犬と人の浅からぬ因縁(というか付き合いの歴史)を感じてしまいますね。

 確かに、猫より犬のほうがはるかに利口です。

 生存者を発見できないと上記の状態になる、というのはそのあらわれでしょう。


 しかし、このツイートのキモは「ワザと隊員が隠れて生存者救出のマネを」というところですね。

 そういった「芸」を見破るほどにはコザカしくないトコロがまたイイんですよ。

 あるいは、すでに犬はその演技に気づいていて、その上でノッテくれているのかもしれませんが。

 いずれにせよ、人馬一体ならぬ人犬一体となった救助活動には頭がさがります。

|

« 停電の誤解 | トップページ | 何かおかしい。気になること。 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/51189838

この記事へのトラックバック一覧です: 救助犬:

« 停電の誤解 | トップページ | 何かおかしい。気になること。 »