« 「以心電信」2  二輪用bluetoothヘッドセットBIMを買いました | トップページ | PSP2000アナログスティック死亡:そしてresurrection! »

2010年12月31日 (金)

PSP2000アナログスティック死亡:そしてresurrection か?

 いやジッサイ、メタルギアソリッド・ピースウォーカーをやっていたあたりから、ビッグボスの動きはおかしかったんですよ。

 急に反対方向へ走り出したり、そこでだけは止まっちゃダメ、という敵のまっただ中で停止したり……

 それが決定的になったのは、モンスターハンター3rdの「村クエスト」をやり始めた時でした。

 わが勇者ロボケロが、急にランボスごときに後ろを見せて逃げ出したかと思うと、立ち止まったりして……

 おかげで、映画「REX」程度のミニ爬虫類に殺される体たらくです。

 とりあえずは、一時期引退させたPSP1000にSAVEDATAを移動させて事なきを得ましたが、何とかしなければなりません!

 かといって、SONYに修理に出せば、高い手間賃を取られた上に、時間がかかるに違いない……そこで!

 やりました。禁断の、でもないですが、バッテリー部分にある「これとったらもう保証も修理もうけつけないかんね」シールを剥がし、サードパーティ製の部品を手に入れて、自分で交換することにしました。

 まずは外から見えるネジをハズします。

194

 下部のネジも忘れずに。

195

 そして、赤で囲んだネジをとるのですが、ここに上で書いたシールが貼ってあるのですね。

 それを、警告を無視し、無慈悲にひんむいて、この二つのネジをとってしまう。

196

 すると全面カバーが外れ、左側にアナログスティックが現れます。

 この時、液晶のまわりに両面テープが貼られているため、なかなかカバーと離れようとはしないので注意が必要です。一気に取るのではなく、ジワジワと力を加えて、剥がす感じて取っていきます。

 下部ネジの左右にもカバーの突起があるので、折らないように注意してください。

197

 このネジをまわして、ちょっと引っ張ってやると簡単にとれます。

198

  取り外すとこれがアナログスティックパーツです↓。

 分解すると、内部でプラスティックが折れていました。

 あまり激しく扱った覚えもないので、純正パーツ(とSONY)に不信感が残ります。

 これを交換するのですが、ショップを選べば、500円足らずで手に入ります(送料込みでも1000円足らず)。

199

 さて、パーツを取り寄せ、下記矢印↓のところに差し込むのですが……

200

 個人修理をやった人がよく書いているように、このスティックパーツと、本体基盤をつなくのに、SONYはなぜか導電ゴムをつかっているのです↓

202

 これをスティックパーツの金具部分において、基盤に差し込めば修理完了……なのですが、なぜか勇者はうまく動いてくれません。

 なんだか右向いたり、左むいたり、あるいはずっと上に歩いていったり、挙動が不審なのです。

 再び、分解して、スティックパーツを取り出すと、な、なんと、導電ゴムが基盤とパーツに挟まれてちぎれているではありませんか。

 どうりで、パーツショップには導電ゴムだけ売っていたのです。

 しかも、この厚さ数ミリのパーツが500円する。アナログスティックより高い。

 結局、一度なら送料も一回分ですんだのに、もう一度導電ゴムを買うことになってしまいました。

(つづく)

|

« 「以心電信」2  二輪用bluetoothヘッドセットBIMを買いました | トップページ | PSP2000アナログスティック死亡:そしてresurrection! »

僕の好きな道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/50448399

この記事へのトラックバック一覧です: PSP2000アナログスティック死亡:そしてresurrection か? :

« 「以心電信」2  二輪用bluetoothヘッドセットBIMを買いました | トップページ | PSP2000アナログスティック死亡:そしてresurrection! »