« 信じる力(ゲゲゲの女房とヘンリー・ダーガー) | トップページ | これでどこでも文章書き!ポメラも不要 iOS4アップデート »

2010年6月26日 (土)

中国についての個人的感想

 以前に「上海万博にからめて中国について書く」などと、このブログで公言したのですが、世はおしなべてサッカー・ワールドカップ一色(特に日本はね)で、時期を逸した感も強いため、万博抜きで、現在の中国についてのわたしの感想を書くことにします。

 沖縄の米軍問題で、しばしば話題にされた「米軍のヨクシリョク」という言葉、その大部分は「北朝鮮」を指すのでしょうが、残りは中国を指していると考えられます。

 確かに巨大な人口(13億人)を持ち、それを背景に急成長する経済力、おまけに過去の経緯からの日本との確執を考えれば、気にしない方が楽観的過ぎるでしょう。

 自国のすぐ側に「一党独裁の国家」があることを危ぶむ気持ちも分かる。

  北朝鮮と同様、国から押し付けられた思想、価値観で、世界のスタンダードとは違った行動をとることもあるかもしれない。

  しかし、極言すれば、そもそも、現在、世界標準となっている、「個人尊重」「主権在民」すら国によって、知らぬ間に押し付けられたものではないのでしょうか。

  年配の方にとっては、終戦直後の、教科書の多くを墨(墨)で塗り潰すという衝撃を覚えているひともおられるでしょうが、そういった人々は今では少数派になりつつある。

「歴史を真剣に学んだことのない」「感覚として主権在民を理解できない若い世代」にとっては、「自分の知らない間に成立していた民主主義」をとにかく与えられ、「自明のものとして使っている」のにすぎないのです。

 それに、世の中には「衆愚政治より賢帝独裁を望む」人々も存在するのですから。

 何が正しいかは、これからの歴史が証明するのかもしれない。

 個人的には、「突然」とんでもない方向に行く可能性がある賢帝政治(6代将軍綱吉や暴君ネロなどの歴史が証明:君子は豹変するモノ{間違った用法のほう}ですから)より、愚かなりに動きの「鈍重」な衆愚政治の方がマシだと考えています。

 いずれにせよ、現在の世界経済は、中国抜きで考えられなくなっている。

  特定のイデオロギーで、闇雲に中国脅威論を振りかざしても、日本にメリットはない。
  偶然ながら近隣に存在し、歴史的に影響を受け、戦争や一時的支配などの経緯があったにせよ、もはや中国を抜きにして、日本だけでなく世界経済すら考えられなくなっているのは事実なのです。

 願わくば、現在の独裁形態から、世界標準の政治形態に、うまくソフト・ランディングしてもらいたいものです。

 おそらく、世界の首脳だけでなく、中国の指導者たちさえも、そう考えているはずでしょうから。

 もちろん、自分たちが持つ「既得権」はそのままにしてね。

 しかし、そのためには問題も多い。

 ここで、ちょっと脱線して……

 わたしはいつも不思議に思うのですが、日本のメディア、学者等オエライ方々は、どうして外国と比べて日本を卑下しようとするのでしょうか?

 いまだに敗戦時、自己反省キブンが抜けていない?

 どこの国でも問題はあるのです。それに目をつぶり、日本をコキおろし、外国を賞賛する……なんだかね。

 失礼ながら、わたしには、オタメゴカシの福祉の好きな人々(反論は覚悟)が、こぞってホクオーの国々を、バラ色の楽園のように賞賛するのがわからない。

 人口が二桁違う国、GDPが3000億ドルと4兆3500億ドルの国を単純比較する愚をなぜ犯すのか?

 それと同様、今、マスメディア始め、学者サンたちは「ライジング中国」、中国の勢いを、こぞって持ち上げすぎているような気がしてならないのです。

 労働人口が多く(これが怪しいということは「老いて行くアジア」で書きました)、賃金が安く(これが今、大問題になっています:後述)、同時に購買人口も多い、これじゃ老人揃いの日本が対抗できるわけがない、とね。

 まあ、逆に、何のイデオロギーなのか、何かイベントがある度に「中国没落論」を振りかざす御用(誰のだ?)学者も何人かはいますが……

 曰く、
 オリンピック後に中国経済破綻!
 万博後に中国壊滅!
とね。根拠もなく、叫ぶ人の頭がどうなっているのか観てみたいなぁ。

 また、そういった人物に限ってミョーに世渡りがうまく、地上波テレビの奥様番組などに出て歪んだ思想を吹きまくるから始末におえない……

 いかんいかん、また脱線を。

 要するに、わたしは、そういった中国を持ち上げすぎることも、過度に悪く見ることも、ともに公正さにかけるように思うのです。

 国も人と同じで、良いところもあれば悪いところもある。

 中国が、いまだ登り調子であることは間違いがない。

 しかし同時に、中国が、危険な芽を数多く内包し、指導者たちが、それを微妙(本当の意味のビミョーね。辞書をみてください)にコントロールしつつ、かなりきわどい綱渡りをしているのも事実なのです。

 何から書きましょう。

 そう、たとえば、自動車メーカー。

  かつて、独自の自動車メーカーを持っていた中国が、現在、ほとんどその活動を停止し、こぞって外国の部品メーカーに成り下がっている。

 かつて、政府がつぶそうとしていた民間自動車メーカーがだけがかろうじて自動車を作ろうとしているだけです。

 低い人件費を背景にした部品作りのほうが、まとまったモノを作るより「安易」に億元長者になれるからです。

 先のビジョンではなく、まず目先の金儲けに走っている。

 まあ、日本の高度経済成長もそうでした。
 
 しかし、それをすると、様々な問題が後に露呈してくるのです。

 中国には、日本の轍(てつ)を踏んで欲しくない。

 ヒトは、どこの国の人間であろうと、公害などで苦しむべきではないからです。

  かつて鄧小平が「豊かになれる者からなれ」と叫び、経済化を推し進めた結果、かつての日本同様、中国でも社会のひずみが生じてきました。

  なかんずく製造業に問題がでた。

企業倫理をコントロールできず、つまり儲け優先で余計なコトに金をかけたくないと、企業トップが考えた結果、公害が発生し、現場の労働者たちの賃金は抑えられた。

  「国進民退(こくしんみんたい)」と中国では呼ぶそうです。

 「国が栄え、民が貧しさにあえぐ」

 上で、中国首脳達は「微妙」なコントロールで、国を運営している、と書きました。

  今の中国は、毎年1000万人の新規雇用を生み出さなければならないのです。

  だから毎年必ず8パーセントの経済成長を達成せねばならず、そのために公共投資を行わなければならない。

  結果、格差が広がるという悪循環に陥っている。

  すでに、企業や金持たちが、投資目当てで、都会の土地を買いあさる、「土地バブル」が深刻になり、いまや一般人は、北京市内に家を持てなくなってしまいました。

 どこかで聞いた話ですがねぇ。

  上海万博が始まった当時の中国では(おそらく今もそうなのですが)、「個人消費がない」ことが大きい問題だったといわれています。

  個人を中心とした金の流れが国内に作られない。だから、トップダウンの「公共投資」で無理やり資金を流れさせる。

 しかし、それは大企業などにカネが流れるだけで、草の根にまで行き渡らない。

 よって、さらに格差が広がる。

  そもそも胡錦濤氏が主席になった時(2002年だったかな)、彼は「和解社会」というスローガンを掲げて登場したのです。

   彼は格差是正を望んでいた。

  具体的にいえば、「国のインフラ整備」と「年金の充実」を行うのが彼のテーマだった。

  しかし、現実は理想どおりにはいかない

  国民の間には低賃金に対する苦情が、富める者と貧し者の間には、摩擦と軋轢(あつれき)が生じている。

 先日、外国の不満を緩和するのと内需の拡大のために、固定相場制である人民元に、弾力的切り上げを行うと発表したのもそのためです。

 さらに、労働者の不平の高まりは、ついに中国国内でストを多発するようになりました。

 そのために、部品がなくなり日本の中国工場が稼働停止になっています。

 余談ですが、昨今、引き下げが取りざたされる法人税について、金儲けに走り過ぎて悪相になってしまった経団連会長あたりが、このままだと「法人税の安い国外に出て行くことになる」と国を脅していますね。

 以前から、あれについては不思議で仕方がありませんでした。

 だって、それは、会社・工場をどこの国に設置するかを、ゼニカネの観点、法人税によってのみ決める、と宣言しているということでしょう?

 オエライ企業トップが……?

 会社をどこに置くかは、カネだけの問題ではないでしょう。

 そんな拝金思想だからダメなんだよ。

 その国の安定度、治安の良さ、そして、その国との信頼関係をどの程度培うか、という点からも考えないとならないはずです。

(一時的に)安い労働力が手に入るからといって、ストが多発する国に、会社・工場を持っていっても意味がないでしょう?

 ヤクザまがいに、国を脅すケーダンレンのじいさんたちの顔を見る度、「出て行きたいなら出て行って、私設軍隊で守らせろよ!」と叫びたくなってしまいます。

 いや、今は中国の話でした。

 現在、中国国内には不満が溜まりつつある。

 万博開催時の、数ヶ月前もそうでした。

 興味深いのは、中国が、それらをおさえるために「国家の犬」を飼っていることです。

 その名も「ケルベロス!」(ウソ、ウソです)

 驚くのは、そのための予算が国防費と同程度だということです(こっちはホント)。

「穏維(おんい)のコスト」

 つまり治安維持のコストが、「警察」および「ガードマンから引き抜いた第二の警察」にかかる予算とほぼ同じ。

 第二の警察官たちは、やたらと威張り散らすために「二匹目の犬」と呼ばれ、嫌われているそうです。

 わかりますか?

 中国は、国民の不平を抑えるために、国防予算なみの資金を使っているというわけですよ。

 さらにその資金は、騒いだ人間に金を渡して、騒動を沈静化させるためにも使われているといわれています。

 Google撤退でしばらく話題となった、インターネット関連の情報統制にも金がかかります。

 中国には「ネット評論員」とよばれる人々がいて、上海万博に限らず、国家寄りの情報を書き込むことで、政府から金をもらうことができる(一回五角『一元の半分』)といわれているのです。

 先日、日本は、中国に対するビザの発行対象を、富裕層から中間層にまで引き下げました。
 (実施は七月から。実験的に一年のみ限定)

 これによって、日本に観光に来る中国の人々も増えることでしょう。

 彼らが、日本にやってきて、よく買う物をご存じですか?

 テレビ?コンピュータ?ウォークマン?違います。
 
 ご存じの方もおられるでしょう。

 彼らは、電気街や空港の免税店で、高給炊飯ジャーを買っていくのです。

 あの高いやつね。

 ひとりで10個買う人もいるとか。一族のために買って帰るのでしょう。

 大阪日本橋横の黒門市場も中国の観光客で一杯です(それでわたしも歌を作ったのですが)。

 今、日本では、電気街以外でも、多くの観光地で彼らを誘致するために努力を始めています。

 例えば、和歌山のマリーナシティ。

 ここでは、大刀を使ったマグロの解体ショーを行っています。

 いや、そんなことはどうでもいい。

 何を書きたいかといえば、そこでマグロを試食し、笑顔で「おいしい!」と語る中国の人々は我々と何らかわるところがないということです。

 イデオロギーの違いなど影を潜めている。

 まあ、いざとなれば顔を出すのでしょうが、ともかく、わたしは、こういった草の根の交流、日本に来て、日本の物を買い、日本のものを食べ、日本製品を使って、日本のコミック、アニメを観ることで培われる「親近感」を大切にしたいと思うのです。

 ガス田の所有問題などで、すぐに風向きの変わるトップの仲の良さなどに左右されない、心情的なものを培いたい。

 だって、たまたま大陸の端に集まった者同士、仲良くしないとソンじゃないですか。
 モーコハンのあるもの同士なんだしさ。

 それに……以下は小さい声で書きます。
 白豪主義がいまだ残るオーストラリアで、インド移民に対する迫害が表面化したりするたびに、わたしが思い出すエピソードがあります。

 以前に、ある学者が苦笑混じりに告白したそうです。
 金満家の人種差別主義者の依頼によって、白人の優位性を証明しようと様々な実験を繰り返す度に、いつも黄色人種が一番優れているという結果になって発表できないんだよ、と。

 アジア人同士、仲良くしないとソンです。

 ああ、あと、オリンピックや上海万博の際にも流れ込んでいたとされる「中国の地下経済」および、この間の捕鯨でも話題になった、中国によるアフリカ各国の上手な支援(日本だって、中国以上のODAをやっているんですがその利用がヘタ)、少数民族への圧迫、大きすぎる大陸に対する効率的支配の限界(いかにネットが発達していようと13億は多すぎる。せめて4分の一にならないと)などについても書きたかったのですが、今回はこのへんにしておきます。

|

« 信じる力(ゲゲゲの女房とヘンリー・ダーガー) | トップページ | これでどこでも文章書き!ポメラも不要 iOS4アップデート »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/48723858

この記事へのトラックバック一覧です: 中国についての個人的感想:

« 信じる力(ゲゲゲの女房とヘンリー・ダーガー) | トップページ | これでどこでも文章書き!ポメラも不要 iOS4アップデート »