« 造られた戦場:その場にいて震えあがる意味 | トップページ | 猫の名前ランキング »

2010年3月 3日 (水)

あー終わった良かったオリムピック

 終わりましたねぇ。やっと終わりました。

 オリムピックが。

 実際、アレの開催中は、某協会の週間番組が突然無くなるので困るのです。

 差し障りがあれば、あらかじ謝罪しておきますが、個人的に、昔からこのテのイベント、体を異常変形させたアスリートと呼ばれる人たちのカケっこ(今回はスベリっこ)やトビッこなどにはあまり興味がありません。

 身体的にできない方もおられるでしょうから一概にはいえませんが、スポーツは自分でやってこそ楽しく意味がある。

 だいたい、大げさ過ぎるんですね。

 選手団の映像を見つめる、作り笑い(にしかみえない)アナウンサーや批評芸人(コメンテーターとも)の目を細めた激励顔も不愉快だし、番組編成が変わるのも迷惑なだけです。

 そもそも、公共放送のニュースのヘッドラインが、競技結果というのがわからない。
 アメリカ万歳テキ発言はしたくないのですが、CNNなんかだと絶対そんなことないんですね。

 オリンピックのメダルは「ニュース」ではない、という扱いです。

 本来、それが正しいと思うのですが、日本は違いますね。

 どうも、ニッポンは、明治以来、戦後の復興期を含めて、外国に対する劣等感をメダルの数で払拭するのに躍起となっているようです。

 男としての自信のなさを女の数で示そうとしているドンファンのようですね。

 大衆の顔色を見て迎合する、マスコミのあおりもよくない。

 氷上ビーダマのカーリングセンシュダンにつけられた、クリスタルだかクリステルだかのネーミングも浅薄でよくわからんし……

 冬の場合は、スキー板などの道具を使ってやる競技が多いので、まだ観ていて納得できるものもありますが、100m走や水泳なんてのは、いかにヒトが頑張っても、走ることや泳ぐことに特化されたチーターやトビウオにかなうわけもない。

 オリピアードで意味があるのは、現実の政治や戦争やテロリズムと違って、さまざまな人種国籍のヒト科のイキモノが「条件を同じにして」競える場所を作り出せたことだけだと思います。

 そのわりに、バレーボールやバスケットなど、明らかに体格による階級制にすべきスポーツが、相変わらず、並外れて巨大な男と女有利の、不平等な条件下で行われているのは奇妙ではありますが……

 あと、しばらく前から疑問に思っているのですが、どうしてメダルをカジルんでしょうね。

 いつからカジるようになったのかな?

 行儀悪く、頭悪く、バカっぽく見えるから辞めた方が良いと思うがなぁ。

 それで思い出した。

 今回のオリンピックで面白かったことが2つあります。

 一つは、リュージュ男子一人乗りで銀メダルを取ったドイツの選手(ダビッド・メラー)が、「カメラマンの要望に応えて」メダルをカジったところ、歯が欠けたという記事です↓(毎日新聞より)。

071

 あれってマスコミが、指示してさせてるんだなぁ。

 もうひとつは、終わってから知った「スノーボード選手の服装問題?」です。

 あれは面白い問題を含んでますね。

 そもそも、ボード関係のプレイヤーは、同時にサブカルチャー、いやカウンターカルチャーの体現者でもあります。

 いわゆる常識をくつがえした行動をとりたがる文化を持っている。

 だから、服装もダラシないし態度も悪い(ようにみえる)。

 写真を撮る時は、わざと顔をしかめ中指を突き立てる(とまで書くと偏見かな)。

 だいたい、問題となったカレ(名前は忘れましたが)は、プロフェッショナル・プレイヤーで、そういったファッション・態度をひっくるめて、ファンがあこがれ、それで金を稼いでいるわけです。

 ここで、ぜひ、一人の男の話をしておかねばなりません。

 トニー谷という芸人をご存じでしょうか?

 1950年代に、一世を風靡したボードビリアンです↓(村松友視著「トニー谷、ざんす」より)。

072

 ご覧のように、キザなロイド眼鏡にキザな服装、そろばんをシャカシャカ振りながら「さいざんす」や「家庭の事情」などのキメ言葉を連発し、徹底した「嫌われ人気」で150本もの映画出演を果たした彼の人気が失墜した原因を知っていますか(飽きられたということは別にして)?

 それは、スチャラカお調子者的イイカゲン人間として人気絶頂だった彼が、愛息が誘拐された時に見せた、親としての真摯な態度、苦悩する姿だったのです。

 報道されたその姿を見て、「なんだ、トニーって、フツーのまじめなヤツジャン」と、大衆のトニー熱は一気に冷め、子供は無事に戻ったものの、以後、彼の人気は二度と当時の勢いを取り戻すことはなかった。

 つまり、プロである限り、スノーボーダーとしての技量とともに、イメージも大切だということです。

 あのルーズさがカッコイイ!と思っているファンの幻想を、オリンピックの選手になったからといって、安易に裏切ることはできない。

 それを、オリンピアードの競技になったから、また、代表選手に選ばれたから、シャツをズボンに押し込みなさいってのはどうなんでしょうねぇ。

 そりゃ、選手団に税金は使われてますよ。

 学校のように、勉強とともに集団生活の練習をする場所なら、決められたルールは守られるべきだし、それを「個性」だといって自由にさせるのは、間違っているかどうかは分かりませんが、わたしは嫌いです。

 小学生の子供の髪を金髪に染めさせている親が近所に住んでいますが、おそらく、あれはバカでしょう。

 しかし、カレは、その身体能力を買われ、請われて選手団に入っているわけですから、だらしなくない服装を、強要するのはどうかと思います。

 もちろん、彼も入団?することを了承したのですから、選手団としてのルールは守るべきという意見もあるでしょう。

 難しい問題です。

 個人的には、カレはあのままにしておいて、最近のテレビジョンが大好きで、そのわりによく間違って番組終了時にアナウンサーが頭を下げることの多い「テロップ」を使って、彼の映像の下に「このヒトはこういう文化を体現するスポーツ選手なので、こんな服装をしていますが、よゐこは真似をしないように」とでも書いておけばよいのではないかと思います。

 長くなってしまいました。

 本当は、特に最近問題となってきている「子供の性同一障害」を、オリンピアードのたびに問題となる選手の性判定(セックスチェック)と共に書こうと思っていたのですが、それは、また別項にゆずることにします。

|

« 造られた戦場:その場にいて震えあがる意味 | トップページ | 猫の名前ランキング »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あー終わった良かったオリムピック:

« 造られた戦場:その場にいて震えあがる意味 | トップページ | 猫の名前ランキング »