« 教科書でならった「信貴山縁起絵巻」って、どんなモノ? | トップページ | 単一でない強み トヨタリコールに思う »

2010年2月17日 (水)

教科書でならった「信貴山縁起絵巻」って、どんなモノ?2

さて、信貴山縁起(しぎさんえんぎ)絵巻ですが、これは、いわゆる国宝ですね。

 平安時代末期に書かれた絵巻物の代表傑作だといわれています。

 タイトルからすると「どうやってこの寺ができたか」の記録のようですが、実際は聖徳太子は登場せず、信貴山中興の祖とされる僧、命蓮(みょうれん)の説話を、コマ割りのないマンガのように時系列にならべた絵巻物です。

 作者は不詳。

 この絵巻物を鳥獣戯画図同様「日本漫画の祖」と考える人もいるようです。

 巻物は三巻あり、

1.山崎長者の巻(飛倉の巻)

2.延喜加持の巻:

3.尼公(あまぎみ)の巻

 いずれも、命蓮を中心に話が進んでいきます。

 今年は12年に一度の寅年のため、冬、春、秋に、一巻ずつ実物を公開するということです。(毎回三巻とも公開されるが、うち、ひとつが実物で他は複製)

 今回は「山崎長者の巻」でした。

 副題に「飛倉」とあるように、倉が飛ぶはなしです。

067

倉の下に小さな鉢が見えますね。

 梗概(こうがい)を記すと、

 京都の大山崎に、命蓮の教えを守って、長者となった男がいた。

 命蓮は、長者のもとへ神通力を使って托鉢用の鉢を飛ばし、そこに米俵を載せさせると信貴山に飛び戻らせていた。

 やがて長者は慢心し、信心を怠って、だらしない生活を送るようになり、ある日、飛んできた鉢を、そのまま倉になおしたまま忘れてしまう。

 すると、鉢は倉ごと空を飛び信貴山に帰ってしまった(飛倉の所以)。

 あわてて馬に乗り、それを追いかける長者一行。

 やがて、信貴山の命蓮の庵室にたどりついた長者は、おそるおそる命蓮に頼む。

「倉を返してくれませんか?中には米俵が百俵も積んであるのです」

 命蓮も、長者を諫(いさ)めるのはこれくらいでよかろうと、米を返すことにした。

「ただし、倉は置いておくように」

 あれほど大量の米俵を、奈良から大山崎まで、どうやって運べば良いのか?

 途方にくれる長者に命蓮が告げる。

「鉢に米俵を一つ載せなさい」

 いわれた通りにすると、飛び去る鉢に続いて、次から次へと米俵が倉から飛び出て、空を飛んで行った。

 長者は喜んで、

「こんなことなら、少しは信貴山に残しておけば良かった」

と、悔いたのだった。

 屋敷に帰ると、百俵の米俵は、倉の跡にきれいに積み上げられていました。

 めでたし、めでたし
 

と、ストーリー的には、かなり破綻した感じです。

 つまり、命蓮は倉が欲しかっただけ?何かに使うために?

 あるいは、慢心長者を懲らしめるために倉を取り上げて、米だけは全部返した?

 ひょっとして、倉を飛ばすのに、どえらい神通力を使ったから、もう俵の分しか余力が残ってなかった?

 まあ、神話同様、こういった昔話は整合がとれていない話が多いので、それはよいのですが……

 しかし、教科書で有名な「信貴山縁起絵巻」って、こんな話だったんですね。

 他愛ないといえば、他愛ない話です。

 個人的には、仙術の修行中に、裾をからげて洗濯する女性の足に目がくらんで、雲から落ちた久米の仙人の方が人間味があって好きです。

 もちろん、絵は、登場人物のすべてが表情豊かで生き生きと描かれています。
 さすがに遠近法は使われていませんが。

 ざっと、他の二作の話を、簡単に紹介しておくと、

2.延喜加持(えんぎかじ)の巻:
 病気の醍醐天皇に依頼され、命蓮が加持祈祷をすると、しばらくして「剣の護法(ごほう)」(童子)が転輪聖王の金輪を転がしつつ空から現れ、天皇の枕元に立つと病がすっかり良くなったという話。

3.尼公(あまぎみ)の巻
 命蓮の生国(しょうごく)である信濃の国から、姉(尼公と呼ばれる)が奈良にやって来る。
 彼女は、どこにいるかわからない弟の消息を知るために、奈良の大仏にお祈りをして居場所を知り信貴山にたどり着く。

 尼公は、その後修行を積み、徳の高い尼僧として一生を終えるという話。

 ここで描かれる大仏は、火事で焼け落ちる前の大仏で資料価値が高く、さらに「異時同図法」を用いた圧巻として知られるているそうです。

 巻物の終わりに、1で出てきた倉の朽ち果てた姿が描かれていますが、これは命蓮の死を暗示しているといわれるようです……

 今、信貴山で、マスコット「しぎとらくん」のマークの入った封筒便せんを買って、大寅(以前、写真で紹介)に腹部から投函しておくと、12年後に開封するという「簡易タイムカプセル」化が行われています↓。

068

|

« 教科書でならった「信貴山縁起絵巻」って、どんなモノ? | トップページ | 単一でない強み トヨタリコールに思う »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教科書でならった「信貴山縁起絵巻」って、どんなモノ?2:

« 教科書でならった「信貴山縁起絵巻」って、どんなモノ? | トップページ | 単一でない強み トヨタリコールに思う »