« おっきいちっさいはなし: プランクとディラックとエッチバー | トップページ | 米国無人攻撃機登場 »

2010年1月 8日 (金)

ゴマメの歯ぎしり?: ツイッター

 以前にこのブログでも書きましたが、積極的ではないものの、一応、わたしもツイッターに参加しています。

 オバマ大統領、鳩山首相等、気になる著名人何人かと、自分と好みの合う人を、何人かフォローしているのですが、今朝、その人たちのつぶやきに激震が走りました。

 まあ「激震」はちょっと大げさですが、かなりの人が一斉に「そのこと」について書き始めたのですね。

017_3 

 「そのこと」とは、谷垣総裁(この野党では自民党の代表だけにつける「総裁」っての、もう辞めましょうや、代表でしょう、つまりは)が、七日、鳩山総理がツイッターを始めたことで質問を受け、

「つぶやきは好きな方にしていただければ足ること。わたしはつぶやかない」

と宣言し、

「自分の性格としてつぶやきを言うのはあまり好きではない。ものを言う時は論旨明快に言いたい」

さらに

「ブログはやらないのか」と問われると、「時間的ゆとりがなく、具体的に考えていない」

と答えたというものです。

 まあ、一般の方にとっては、「いっときの流行りに流されない保守層向けの言葉なのかなぁ」という程度の感想かもしれませんが、なにせ「〜ナウ」の人たちのつぶやきですから、一斉に、

「意識が低い」「時代が読めていない」「だから負けた」などという非難がわき起こったのです。

 まあ、「政治家が軽々にそういったハヤリモノに飛びつくのは、いかがなものか」とわたしも思うので、あまりそのことについては感想はなかったのですが、あらためて谷垣氏の発言記事を読み、

「私なら『ごまめの歯ぎしり』のようなことはしない」

と揶揄(やゆ)したのを知って、なるほど、と痛くなるほど強く膝を叩いてしまいました。

 うまいこというなぁ。

 いや、前々から、谷垣氏は、人が良さそうでアクがなく、妙にポップなロードレーサー(自転車)に乗っているから政治家向きじゃないけれど、さすがに頭の良い人だけあって、時折発せられる言葉が、妙にいい得ていて、ハッとさせてくれることがあるんですよ。

 「ごまめの歯ぎしり」を辞書で調べてみると、

 力のない者がいたずらに憤慨し、悔しがることのたとえ

 とある。

 正しくツイッターの一面を突いていますねぇ。

「何か気に入らないモノがあったときに、それを「まっぷたつ」に一刀両断、斬り捨てられる言葉を、つい探してしまう」とは、故伊丹十三氏が伊丹一三(いちぞう)名義で書いた「ヨーロッパ退屈日記」の中のコメントだったと記憶しています。

 日本人が、そのブランドモノ自体の本質的な良さに気づかず、単に高級品に憧れて見当違いの方向に走ってしまう、たとえばフォルクスワーゲンに乗りたいけれど、高くて手が出ないので、代わりにチープなVW模様のネクタイをしめる(いや40年近く前のハナシです)のを伊丹氏が見て、こういうヤカラをまっぷたつにする言葉が欲しいと考え――あった!それは「小市民め!」だ、と叫ぶのですが、今回の「ごまめの歯ぎしり」というのが正しくそれだと思うのですね。

 本当にうまい言い回しです。言い得ている。

 ツイッターの本質は、大多数の力がない一般ピープルが、なんだかんだと政治や芸能ネタや、その時あった良かったこと悪かったことを、リアルタイムに「ただツブヤク」だけなんですから。

 しかし、言い得ているだけに、そのことが却って、谷垣氏が「頭は良いが政治家向きでない」ことを露呈しているように思えます。

 政治家は、理想と現実の両方を、その掌の上に乗せていなければならない。

 少なくとも、選挙民には、そう見せなければならないと思うからです。

 確かに、現段階の日本のツイッター浸透度は、オバマ大統領が大統領選で有効利用した米国とは雲泥の差ががあります。

 だから、谷垣氏が重要視しないのはわかる。

 おそらく、選挙の鬼、小沢氏も、あまり重要視していないでしょう。

 実利からいえばそうです。

 しかし、理想をいえば、そういった「ごまめの歯ぎしり」の中にこそ、市井(しせい)を流れる「人々の真実の姿」が反映されるもので、政治家はそれに耳を傾けなければならない。

 だから、そんなこと言っちゃダメ。

 まあ、おそらく谷垣氏は、ツイッターをよく知らないのでしょう。

 ツイッターは、発信装置として使えば、「ごまめの歯ぎしり」になってしまいますが、情報収集装置としてつかえば、かなり便利な地獄耳となり得るのですから。

 あるいは、政権選挙に惨敗してからも議事堂の部屋を明け渡さず、「総裁」を名乗り続けなければならない、かつての与党代表として、もし自分がツイッターでメッセージを発信などしたら、それこそ正しく真の「ごまめの歯ぎしり」になってしまうからやらない、と、谷垣氏は考えているのかも知れません。

|

« おっきいちっさいはなし: プランクとディラックとエッチバー | トップページ | 米国無人攻撃機登場 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴマメの歯ぎしり?: ツイッター:

« おっきいちっさいはなし: プランクとディラックとエッチバー | トップページ | 米国無人攻撃機登場 »