« その部分の隠し方100景 〜ベオウルフ/呪われし勇者〜 | トップページ | 日米オトシマエの違い 〜「さまよう刃」・「狼の死刑宣告」〜 »

2009年10月12日 (月)

時を超えてボーイ・ミーツ・ガール〜僕の彼女はサイボーグ〜

 やあやあ、観てしまいました。

「僕の彼女はサイボーグ」(2008年)

 本当は、映画館に「カイジ」を観に行くつもりだったのですが、天海祐希が、あのヤミ金融の遠藤を演(や)るというので、ちょっと様子見(ようすみ)してしまいました。

 そりゃあ、世界は男だけのものじゃない。
 女性が、善悪様々なキャストを演じるのは大賛成ですが。少なくとも原作に対する敬意というかリスペクトというか(同じだけど)を示すようなキャスト変更をして欲しいですね。

 今回の映画で描かれない、後のエピソードで重要な役割を果たすクロメガネの遠藤は、オヤジならではのキャラクターだと思うのです。

 だから男でいて欲しかった(ある意味面白い書き方だなこりゃ)。

 あるいは、実写版「宇宙戦艦ヤマト」の佐渡酒造を高島礼子が演じるのは、往年のファンとしてはガマンならんのですわ。

 まあ、友人のひとりは「森雪を黒木メイサが演じるのは骨格的に許せる」という意味シンな言葉を発していましたが……

 ついでに、実写版ヤマトの主題歌は、ぜひ槙原敬之氏にお願いしたいとも……
(ご存じのように、原作者のひとり、松本零士氏と槙原氏は、銀河鉄道を巡って裁判ザタになりましたから)

「カイジ」の原作はネットカフェで一気読みしました。
福本伸行氏の過去作である「金と銀」はリアルタイムで読んでいましたが、そのピカレスク(悪漢小説)ぶりが少々鼻について、熱中はできませんでした。

「アカギ」そして「カイジ」と時代が下るにしたがって、主人公のキャラクタに思い入れできるようになりました。

 今回映画化された「カイジ」もそうですが、最近の福本氏の傾向は、氏が新しいギャンブルを開発し、それを主人公に体験させ、いかに彼らがその罠を咬(か)み破っていくかを読者に追体験させるという手法になっています。

 主人公の動機も徐々にクリーンなものになっていき、カイジは、友人の保証人になった借金返済が動機でしたが、少年誌連載(少年マガジン:現在休載中)の「賭博覇王伝 零」になると、主人公零は正義感から命がけのギャンブルに挑むようになってしまいましたね。

 あれ、これって「僕の彼女はサイボーグ」について書く項でしたよね。

 かなり前のこの作品を、今頃観たのはなぜかというと、いくつか観るのをためらう理由があったからです。

1.「特撮が入っているから躊躇してしまった」
 日本映画の特撮というのは、「キャシャーン」はじめ「GOEMON」や「ヤッターマン」など(ヤッターマンは好きです)少し無理があるから感情移入できにくいのですね。

2.韓国の監督さんということで、また泣かせのテクニックに走った作品になっているのでは、と心配だった。前二作(「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」)は観ていないので、何とも言えないのですが。

3.タイムパラドックス・タイプ(時間線錯綜型)のボーイ・ミーツ・ガールSFは、自分でも書いている(「昨日見た夢、今日流す涙」)ので、それが抵抗になった。

 実際に観てみると、1.はほとんど気になりませんでした。うまく撮っています。

 2.も、過度な涙に走ることなく、ある程度抑制の利いた良い演出だったと思います。

 3.は……ううむ。この映画を観た多くの方が書いておられるように、タイムラインを無茶苦茶にしてしまったエンディングに少し問題がありますね。

 作者は、あくまで、暖かい血と肉をもった女性としてのヒロインを、恋人に沿わせてやりたいと思ったのでしょう。

 その優しさは人間としては美しいと思いますが、ストーリー・テラーとしては間違っています。

 主人公であれヒロインであれ、いざとなればプツリとその存在を絶ってしまう非情さが必要です。

 断ち切られたストーリーの余韻が感動を生み、感動を生み出すことこそが、文字を使う造物主たる作者(この映画の場合、監督の脚本)の義務なのですから。

 好悪(こうお)はともかく、手塚治虫が偉大なのは、「鳥人体系」や「火の鳥シリーズ」のように、遠い高みからの視点をもって、人や人類を歴史的事象のひとつとしてバッサリと絶滅させてしまえる非情さを持っているからです。

「最終兵器彼女」(高橋しん)なんかにも、そういった非情さがありますね。
(「最終兵器〜」は省略形が「サイカノ」だった。だから、この映画は「ボクサイ」?)

 確かに、主人公に「カノジョ」を復元させたところで終わるだけなら、同人誌版ドラエモン最終回(検索してみてください)と同じになってしまうので、ああいうエンディングにしなければならなかったのでしょうが、安易なヒロインのバトンタッチは、ご都合主義のそしりは免(まぬか)れないでしょう。

 せめて、火の鳥(復活編)のチヒロのように、普通では結ばれ得ぬ恋人たちを、ひとつのロボット(ロビタ)の中で永遠に生きさてしまうほどの力業(ちからわざ)を見せるか、あるいは、未来に生きる「人間のカノジョ」がサイボーグ(実はアンドロイドの間違いですね)の電子脳にシンクロしたあげく、「後戻りできないほどの影響を受ける経緯」をもう少し丁寧に描くべきでした。

 まあしかし、SFの古典的名作「愛しのヘレン」で描かれたロボットと人間の許されざる恋と、これも抒情的名作「たんぽぽ娘」で使われたタイムパラドックスを組み合わせ、レイ・ブラッドベリの「長かりし年月」(火星年代記より)の「才能ある人間の一途な情熱による奇跡」を組み合わせたような、この作品は悪くありません。

 なにより、人とアンドロイドの「ボーイ ミーツ ガール」を演じる、若き二人の役者の演技がバッド・エンディングから、この映画を救っているように思えますね。

 人を選ぶかも知れませんが、個人的には、時間のある時に観て損はない作品だと思います。

P.S.
 ひとこと付け加えるなら、この映画は、若い二人が同じ時を過ごす「愛らしい」映画なのですね(実際は人間とアンドロイドですが)。

 彼と彼女の行動を「愛らしく可愛い」と思えるかどうかが、この映画を好きになるかどうかの分水嶺(ぶんすいれい)だと思います。

 監督の意図もきっとそこにあるのでしょうから。




|

« その部分の隠し方100景 〜ベオウルフ/呪われし勇者〜 | トップページ | 日米オトシマエの違い 〜「さまよう刃」・「狼の死刑宣告」〜 »

銀幕のこと(映画感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時を超えてボーイ・ミーツ・ガール〜僕の彼女はサイボーグ〜:

« その部分の隠し方100景 〜ベオウルフ/呪われし勇者〜 | トップページ | 日米オトシマエの違い 〜「さまよう刃」・「狼の死刑宣告」〜 »