« 泣く女 〜サマーウオーズ〜 | トップページ | 神の目 トイカメラ »

2009年9月 5日 (土)

数値で知りたい計りたい

 ずいぶん前のことですが、単車のスピードメーターが動かなくなりました。

 忙しかったので、しばらくそのまま乗っていたのですが(整備不良は道交法違反です。よゐ子は真似しちゃだめ!)、最初に困ったのは、ガソリンの給油時期がわかりにくくなったことです。

 原付はもちろん、最近の大型スクーターなどには燃料ゲージがついているものが多いでしょうが、わたしが乗っているオーソドックスなバイクには、そんな気の利いたものはついていません。

 ご存じでしょうが、そういったノン・メーターの単車には、ガソリン・タンクの下に通常と予備(リザーブ)の切り替えコックがついていて、ガス欠になるとそのコックを切り替えて、15キロ程度走ることができます。

 ガス欠になってから、リザーブでスタンドまでたどりつけるようになっているのですね。

 これは緊急避難的な対策なので、今、どの程度燃料が残っているかはわかりません。

 戦前から連綿と続く、ガソリンタンクを揺すってみて、そのチャップン音からガソリンの残量を知るという王道もありますが、イマイチ正確ではありません。


 満タンにしても8リッター程度ですので、まめに入れる気にもなりません。
 せっかくスタンドに行っても、2リッター程度しか給油できないなら手間の方が大きいからです。

 そこで、とにかくリザーブになるまで乗って、エンジンがガス欠で息切れしてから、リザーブにコックを切り替え、ガス・スタンドに向かうという方法をとりました。


 しかし、このやり方には落とし穴があります。

 世の中には悪いヒトいるのです。

 駐車している単車に対して、いたずらにキル・スイッチ(エンジンの緊急停止スイッチ)をいれたり、シフトを一速にいれたり、あまつさえ燃料コックを「リザーブ」に切り替えておくヤカラが。

 単車に乗り始めた高校生のころ、それで痛い目にあいました。

 ガス欠になったので、リザーブにしようと燃料コックをみたら、すでにリザーブになっていたのです。

 おかげで、何キロもの道を、単車をおして歩かねばなりませんでした。

 以来、エンジンをかける際には、必ず燃料コックが「走行」になっていることをチェックするようになりましたが、それでも、いつもリザーブになるまで走ることには若干の不安と抵抗があります。

 スピードメーター下にある距離積算計さえ動いていれば、「およそ200キロで給油」といった目安がつかえ、いままでは それを基準に給油していたのです。


 メーターが動かない原因は、前輪とメータをつなぐワイヤーケーブルが切れていたことでした。

 しばらく前に、タイヤを交換してもらった時に、ワイヤー止めをきつく締めすぎてインナーワイヤーの通る管(アウターワイヤー)が変形して、中でインナーが回転できなくなってねじ切れていたのです。

 結局、ディーラーに取り寄せてもらったワイヤーを自分で交換して、メーターは復活しました。

 修理してみて、あらためて気づいたのは、メーターが壊れている間は、なんとなく単車に乗ることが億劫(おっくう)になっていたことです。


 正直にいえば、自分が「いまこの瞬間何キロで走り、今日、何キロ走ったか」は、必ずしも不可欠な要素ではありません(イヤイヤ違反だって)。

 単車で走りながら、終始メーターに目をやることはできませんから。

 前後に自動車があれば、それにあわせて安全な速度で走りますし、単独で走る時には、かえってメーターがあった時より、ゆっくり走っていたほどです。

 それでも、メーター類が正常に動くと、なんとなく安心できるのですね(だから違反だって)。

 それは、「今、現在の自分の行動がどんなもの」であり「これまではどうだった」かが数値でわかるからなのかもしれません。

 その意味で、ジョギングやウオーキングなども、万歩計をもって行った方が、やり甲斐があるのだと思います。

 今さら気づきましたが、どうやら、わたしは計測好きなようです。

 ケツ子たちの体重は毎週必ず計測して記録していますし、彼女たちの餌は、日に四回、きっちりと秤(はかり)で計って与えています。

 これなどは、おそらく数値で把握することで、健康という無形のものを、しっかり把握できる安心感があるからでしょう。

 このように、数値化というのは、形のないものを実体化してとらえる一方法だから、ひとは(いえ、わたしには)メーターが好きなのです。


 閑話休題、

 iphoneには、フリーソフトで、GPSを用いて位置を計測し、記録してくれるランニング・ウオーキングトレーナーがあります。

 このソフトを起動させてトレーニングすると、計測後、アップロードされるサイトで、地図に重ねた経路、距離、高度変化、瞬間速度、平均速度、消費カロリーを確認することができます。

 あるいは、こういった「数値で知りたがり癖」「それを記録したがり癖」は、日々、無為に過ぎていく人生を、いくばくかでも残したいという気持ちの表れかもしれません。

|

« 泣く女 〜サマーウオーズ〜 | トップページ | 神の目 トイカメラ »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数値で知りたい計りたい:

« 泣く女 〜サマーウオーズ〜 | トップページ | 神の目 トイカメラ »