« twitter?tweeter? そう、どちらも小鳥のさえずり | トップページ | 道具に背を押され、久しぶりの自転車 »

2009年8月11日 (火)

iphoneで写真を撮ると

 早く、マイクロソフトのサイトからダウンロードした、WINDOWS7:RC版の使用雑感を書きたいとおもっているのですが、このところ新しいオモチャのiphoneに振り回されて時間がとれません。

 というわけで……


 ちょっと暗いのですが、iphoneのカメラで某店内の(カップの)写真を撮ってみました。






 iphoneに限らず、最近のタッチパネルを利用したカメラに共通した機能に、「ピントを合わせたい場所をタッチする」というものがあります。

 つまり「この部分にピントを合わせたい」という場所にタッチすると、その場所を基準にピントと露出、ホワイトバランスなどを自動設定してくれるわけです。


 具体例でいうと、上の写真は、女性の口の部分にタッチしました。


 下は、カップ真ん中右の黒マスの部分にタッチしたために、露出オーバーになっています。




 そして、カップ真ん中の珈琲の写真にタッチしたものが以下です。少し明るめですね。





 このように、具体的に自分が「対象としたいモノ」を指で指示できる撮影というのは、今では常識なのでしょうが、アナログカメラに慣れたわたしには随分新鮮でした。


 最期に、iphone用無料アプリケーションのED SHOPを使って、上記写真を江戸時代風に加工してみました。






 と、ここまで書いて、以前紹介したtwitterの新しい使い方を思いつきました。

 とりあえず触ってみたiphone用アプリケーションの簡単な感想を、twitterに上げようと思います。

 三日坊主になりそうで恐いのですが……



 おそらく、適当なソフト感想集になると思います。

|

« twitter?tweeter? そう、どちらも小鳥のさえずり | トップページ | 道具に背を押され、久しぶりの自転車 »

僕の好きな道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273357

この記事へのトラックバック一覧です: iphoneで写真を撮ると:

« twitter?tweeter? そう、どちらも小鳥のさえずり | トップページ | 道具に背を押され、久しぶりの自転車 »