« 冷蔵庫にいれるな | トップページ | さらばカンフー 〜デビッド・キャラダイン死す〜 »

2009年6月26日 (金)

秘技禁止 金魚すくい大会

 人生を長く生きていると、自分なりの判断基準というものが増えてくるが、どう考えて良いか、決着がつかないこともいくつかある。


 そのひとつが「生き物を使った遊びの是非(ぜひ)」だ。


 殺生の是非なら個人的な結論は出ている。

「殺すなら感謝して食え」というのが個人的な結論だ。

 じゃあ「人を殺しても、そいつを食えばいいのか」などという不毛な問いかけは無視するとして、わたしは、殺すからには自分の体に取り入れて(自己欺瞞のニオイがプンプンするのは承知で)命の再生をはかるべきなのだ、と考えている。

 逆にいえば「食わないなら殺すな」ということだ。

 だから、わたしは、人であれ動物であれ、楽しみのために殺すことはしたくない。

 蚊を殺してしまう日本の蚊取り線香よりは、そばに近寄らせないインドの蚊取り線香の方が好きだ。



 殺害に関しては、今のところ、そういった一応の指針を得ることができたが、先に述べた「生き物を使った遊びの是非」については、未だよくわかっていない。

 そこで、少し考えてみることにした。

 たとえば……


 日本有数の金魚の産地として有名な奈良県郡山市で、8月に開かれる「第十五回全国金魚すくい選手権大会」で、水槽の壁際に金魚を追い込み、ポイ(すくい網)でこすり上げてすくう「壁掬(すく)い」が今年から禁止されることになった。

 昨年までは「秘技」として認められてきた行為だが、市民から「金魚が傷ついて痛々しい」という苦情があったからだという。

 競技中に、三回繰り返すと反則で競技停止となる。


 これはどう考えれば良いのだろう。

 金魚すくいは、長きにわたって続けられてきた遊びのひとつだ。

 暑い夏、水の中で乱舞する涼しげな金魚を愛でつつ、ポイで掬う。
 
 それは、涼しげな音を響かせつつ通りを行き来する「風鈴売り」同様、夏の風物詩といってもよい風景だ。


 しかしながら、魚釣りをする人なら知っているように、魚は、いったいにわれわれが思うより弱い生き物で、人の体温程度で火傷するほど直接のダメージに弱い生き物だ。

 だから、壁掬いではなく、浅く狭い水槽に大量にいれられ、金魚同士が体をぶつけ合うだけでも体表は容易に傷ついてしまう。

 まして、ポイを体に当てられたら体が傷つくのは当然だ。

 例外はあるにせよ、金魚すくいで持ち帰った金魚が数日を経ずして死んでしまうのはこのためでもある。

 金魚掬いをするということは、数百匹の魚を殺すこととほぼ同義なのだ。

 まして、競技として、時間を区切って金魚を掬うとなると、さらに金魚への負担は重くなる。


 ヒトだけでなく、猫などもバッタやコオロギを捕まえては遊んでいる。

 本能的に生き物は、自分より小さな生き物をおもちゃにして遊びたがるものなのだろう。

 その延長戦上に、金魚すくいはある。

 もともと生き物は残酷なものなのだ。

 いずれにせよ、厳格なジャイナ教徒でないかぎり、アリを踏みつぶさないように箒(ほうき)で地面を掃きながら歩くようなことは不可能だ。


 ひとつの可能性として、金魚すくいを、生き物でなく機械魚を使うという方法がある。

 それを産業にしている郡山市の金魚養殖者の生計はともかくとして、生き物を使うから残酷なのであって、機械仕掛けの魚なら、単なる競技として、激しいアタックも許可されるだろう。

 技術的な問題をクリアしさえすれば……

 つまり、かつて「生き物でしか行えなかった遊び」を、今の技術を用いて「マシンに置き換える」のもひとつの方法だ。



 ただ、そのような思考実験をしながらも、なにか気持ちの底にひっかかりを感じる。

 なんか釈然としない気持ちになってくる。


 それは、おそらく、そういった「金魚が痛々しいから壁掬いをやめよ」という人にしても、あまり意識をせずに、マグロを食べ、サンマを焼き、肉を食べて、残り物を残飯として捨てることもあるだろうからだ。

 日々食している肉や魚が、自分が食べる、正にそのためだけに殺害されていることに目をつぶり、金魚が傷つく「壁掬い」に待ったをかけるのは、いかにもダブル・スタンダードな欺瞞(ぎまん)を感じてしまう。

 それを産業、生計(たつき)とし、年に一度のハレの舞台として競技を待っている人のワザを残酷だからと禁止要求しながら、連日のように廃棄されるコンビニ弁当を問題視しない思考バランスの悪さが気にかかるのだ。

 一見、別件のように見えて、実は根の部分でつながっている事柄なのだから。



(もし、苦情を申し立てた人が、熱心な『モッタイナイ』主義の人たちばかりならば、ここでお詫びを申し上げておきます)

|

« 冷蔵庫にいれるな | トップページ | さらばカンフー 〜デビッド・キャラダイン死す〜 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘技禁止 金魚すくい大会:

« 冷蔵庫にいれるな | トップページ | さらばカンフー 〜デビッド・キャラダイン死す〜 »