« モチモチの木 | トップページ | 雑巾から大海を…… »

2009年5月26日 (火)

勇気あるタイムスリップ 〜750ライダー描き下ろし〜

 先週末に友人が家に遊びに来たおり、気の利いた手みやげをもって来てくれました。

 なにかというと、「週間少年チャンピオン18号」です。

 ただの週間マンガ雑誌じゃないの、というなかれ。

 40周年を迎えた、ここ最近のチャンピオンは、すごいことになっているのです。

 通常の「絞れば汗がしたたる」(でしたか?)といわれた熱い連載陣に加えて、往年(おうねん)の名作が、往時(おうじ)の雰囲気(ふんいき)のままに、新作として描き下ろされているのです。


 「キューティーハニーVSあばしり一家」(永井豪)とか「がきデカ」(山上たつひこ)などが。


 この回は、石井いさみ著「750(ナナハン)ライダー」(1975〜85)でした。




 来るなり友人は、「今とはコマ割りが違う!」といいましたが、実際、当時そのままに、パースもおかしいし、主人公、早川光の乗るマシンがCB750だし、委員長は正しく委員長的性格そのものでした。

 でも、本当にこうやって並べられると、コマ割りが、同じ雑誌内の現在の掲載マンガと全然違うことが、あらためて分かりますね。


 作者の言葉にも、

『「連載当時と同じ絵とムードで描きおろして下さい!!」
「マ、マジ!?」
 当時いつも聴いていたテープをかけたり、コミックスを読み返したり、気分を若返らせて何とか上がったのが、この”春一番の海”の巻です。

とあります。


 その言葉どおり、当時そのままのヌルーい設定にユルーいストーリーが、みごとに再現されています。

 例の「春風さんこんにちは〜」のノリですね。

 いや、これは、バカにしているのでも、けなしているのでもありません。

 このヌルユルさは好きです。

 ただ、これ以前の「高校悪名伝」や「750ロック」のファンとしては、何とも痛し痒しという気持ちを拭(ぬぐ)えませんね。

 だって、知る人ぞ知る、750ライダーも当初はハード路線だったんですから。

 うーん、しかし、ほんっと昔と変わってな……あ、委員長、私服の時、ミニスカートとレギンスのファッションになってる!!

 これって「ぷちなう」?

|

« モチモチの木 | トップページ | 雑巾から大海を…… »

コミック感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勇気あるタイムスリップ 〜750ライダー描き下ろし〜:

« モチモチの木 | トップページ | 雑巾から大海を…… »