« バイクで脳若返り 〜内容OK、きっかけNG?〜 | トップページ | いいカンジ 悪いカンジ »

2009年3月16日 (月)

見えない傷 〜TBI〜

 前回、モーターバイクのタンデムについて書きました。

 基本的に、わたしはタンデム乗車に反対だと。


 そのことについて、もう少し詳しく書きたいと思っています。

 ヒトの体は弱い。

 少し関節の可動域(かどういき)を超えて膝や肘が曲がると、靱帯を損傷するか、骨が折れる。

 内臓に圧迫を加えれば、容易に臓器は破裂する。


 その上、ヒトのテッペンには脳が鎮座している。

 これがまた弱い。

 ちょっと悪口を言われただけでウツ状態に……という問題ではなくて、外的衝撃に弱いのです。



 わたしの父は、合計して10年以上、入院しましたが、その間、病院内でいろいろな人と知り合いました。


 中でも一番印象に残っているのは、舌に腫瘍のできた男性です。

 彼自身は、とくに重傷ではなく、すぐに退院したのですが、息子がいました。

 年齢は、三十半ばでしょうか。

 毎日のように、父親を見舞いに来ました。

 四人部屋の病室に立つと、部屋が暗くなるような、圧迫感を感じるような巨体を、彼はしていました。

 背が高いだけでなく、横幅もある。


 その彼に、夫の付き添いをしている小柄な母親が大量にメモを渡すのです。

 夕方、やらねばならないことを、事細かく書いた紙を受け取って彼は帰っていきます。

 何気なく「用事がたくさんあるんですね」と声をかけたところ、彼女はいいました。

「十五年前にバイクの事故にあってから、記憶が30分もたないんです」

 そう、彼は高次脳機能障害者だったのです。

 頑健な体をしていたため、事故にあっても体は何ともなかったのだそうです。

 しかし、記憶が保たなくなった。

 バイクだけではないでしょうが、スキーなどのように、体をむき出しに無茶をするスポーツでは往々にして脳にダメージを負うことがあります。



 それも、「直接脳に衝撃を受けなくても」、です。



 TBIという言葉をご存じでしょうか?

 近年、USAでクローズアップされているコトバです。

 日本語では「外傷性脳損傷」と呼びます。

 なぜ、アメリカで問題になっているかというと、イラクに従軍した兵士の2万人以上がTBIだと診断されているからです。

 ご存じのように、米軍は、イラクに対して誤爆などのヘマを繰り返しました。

 しかし、戦場で、片方だけが一方的に傷つくことなどあり得ません。
 とくに、地上部隊が投入されたあとは。

 たとえば、こんな話があります。

 ジェームズ・マクドナルド(当時26才)は2007年5月、イラク南部でパトロール中、爆弾攻撃を受けた。身長180センチ、体重120キロの防具を着けた体は、爆風で大きくのけぞり、しばらく気を失った。目に見える怪我はなく、検査の結果、重度のTBIだと診断された。
 所属のテキサス州基地に帰還後、まもなく記憶障害や頭痛に悩まされるようになった。
「自分で言ったことを忘れる」「アイスピックで頭を刺されているようだ」
基地の診療所は、痛み止めをくれるだけで、診察は月に1、2度だったという。
 半年後、彼は自室で急死した。

 2004年10月バグダッド郊外で、ケビン・オスリー(47才)は爆弾による爆風を受けた。
 防具を着けた体重は100キロを超えていたが、それでも浮き上がるほどの風圧だった。
 その後、頭痛はしたが「目に見える傷」はなく、医師による診察で「異常なし」と診断された。
 2005年3月、故郷のインディアナ州に戻ると、彼の行動に以上が現れた。
 妻は言う。
 「レストランに行こうと一緒に車に乗っても10分後には『どこに行くんだ』と聞く。ひとりで出かけると道に迷う。言われたことを『聞いていない』と激怒する。記憶力が良くて、穏やかだった夫がまるで別人のようになった」
 近くの米軍病院に行ったが、検査はなく診察だけで「異常なし」と言われた。帰還から五ヶ月後、友人の紹介で、ミネソタ州退役軍人省病院で検査を受け、爆風によるTBIであると診断された。
 初めて聞く病名だったが、戦場の仲間を思いだした。
 同様の症状を訴えていた兵士の中には、充分な検査も受けないまま、「異常なし」と診断され、家族の理解を得られず、離婚し、行方不明になった者も多かった。
 ケビンは言う。
「記憶力が戻らず、役立たずだ。時々死にたくなる」

 なぜ、爆風を受けただけで、こんな症状が起こるのか、まだ確定はされていません。

 しかし、ある仮説は立てられています。

 米ジョンズ・ホプキンズ大のイボラ・セルナック医師は、その原因を突き止めようと、戦闘で負傷し、かつ頭部に損傷がない患者の脳波を調べました。

 爆風に吹き飛ばされた兵士で、脳に異常が見られたのは36パーセントで、銃創による負傷者の場合は12パーセントにとどまっています。

「爆発が脳に見えない損傷を与えているのではないか」

 そう考えたセルナックは、ひとつの仮定にたどり着きました。

『爆風が体を直撃すると、その運動エネルギーが血管を振動させながら、急激に脳に達して脳の神経細胞を破壊する』のではないのか?


 重い防護服が結果的に、症状を悪化させている可能性もあるようです。

 この見解に対し、陸軍外科医のジョン・ホルコーム大佐は、「爆風の衝撃波は瞬間的で、影響は限定される」と否定的です。


 しかし、現実的に、直接の打撃をうけていない兵士たちが、脳障害を負っているのです。

 平和ニッポンで暮らすわたしたちが、強烈な爆風を受けることは、ほとんどないでしょう。

 それでも、違う形で、体に受けた衝撃が、体液を伝って脳を破壊することは充分考えられます。

 モーターバイクで転倒した際に、何かに激突し、体の広い範囲でショックを受けると、TBIになる可能性がある。

 とくに、ニーグリップ(膝でバイクのタンクを締め付けること)ができないタンデム者は、容易にバイクから放り出されます。

 バイクにしがみついていれば、まずバイクを何かに当てて衝撃を吸収することも可能なのです。


 同じ理由で、わたしはスクーターも、あまり好きではありません。

 あれは、バイクの上に「乗っているだけ」だからです。

 とても、咄嗟(とっさ)の時に、適切にマシンをコントロールできるとは思えない。


 だからこそ、大型スクーターの普及、および高速道路における二人乗りの認可にわたしは反対なのです。

|

« バイクで脳若返り 〜内容OK、きっかけNG?〜 | トップページ | いいカンジ 悪いカンジ »

健康・生き残る体をつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えない傷 〜TBI〜:

« バイクで脳若返り 〜内容OK、きっかけNG?〜 | トップページ | いいカンジ 悪いカンジ »