« Division by zero(現代推理) | トップページ | 標準世帯の真実 »

2009年3月 2日 (月)

クラーケン (自作小説:PDF SFショートショート)

 何ヶ月か前に、YAHOOのトップページに「YAHOO JAPAN文学賞」という文字を見つけ、内容を見てみたところ、知らない間にYAHOOが「文学賞」を設置していることを知りました。

 枚数は20枚(原稿用紙)と手頃で、締め切りが3日後だったので、構想1日、タイピング半日で仕上げてメールで応募しました。

 普段は、こういったネットの文学賞というものには興味がないのですが、選考委員が、わたしの好きな鈴木光司氏で、その上テーマが「サプライズ」、さらに鈴木氏が「このぐらいの長さの小説は、星新一さんのショートショートみたいに意外な話が良いですね」と書かれているのをみて応募する気になりました。

 星新一の作品なら、子供の頃から数限りなく読みましたから。

 ああいったテイストの作品がお望みなら書いてみましょう、と思って、星新一のような、あるいは彼がお手本にしたブラウンのような、ちょっと黎明期っぽいSF色の強いものを書いたのですが、結果はまったくダメでした。

 最終候補作を読むとSFじゃダメだったみたいです。

 ですが、せっかく書いたものなので、ここに公開しておきます。

 フレドリック・ブラウンというか、ラリィ・ニーブンあるいはクラークというか、まあそういったレトロな感じのするSFショートショートです。

 本来、わたしはショートショートが好きなのです(50年代SFも……そりゃ時代からズレてるわけだ)。

 テーマの「サプライズ」は、「サプライズ・プレゼント」的に解釈するものだったのでしょう。

 でも、まず、頭の中に浮かんだ「銀色に輝くロケットにからみつく大ダコ」(←これそのものがサプライズ!)というイメージを、どうしても具体化したくなってしまったのです。

 原稿用紙20枚、執筆時間、実質2時間の作品ですので、すぐに読めると思います。


                          wikiよりクラーケン図
クラーケン PDF(250k)

|

« Division by zero(現代推理) | トップページ | 標準世帯の真実 »

自作小説(PDF)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273542

この記事へのトラックバック一覧です: クラーケン (自作小説:PDF SFショートショート):

« Division by zero(現代推理) | トップページ | 標準世帯の真実 »