« 水深二尋(すいしんにひろ)の格言 マンマミーア! | トップページ | Division by zero(現代推理) »

2009年2月28日 (土)

シンクロでも使える?  〜ノーズ・マスク〜

 1970年、大阪万博にやって来たアメリカ人が、街ゆく日本人の多くが、マスクをしているのを見て驚いた。

 彼は、医療関係者以外、街中でマスクをする米人を見たことがなかったのだ。

 同行の日本人に理由を聞けば「風邪の予防だ」という。

 彼は、日本人の用心深さに感銘を受けて本国に帰っていった。

 そして、自分の会社で、日本人向けの商品を作り、日本に向けて売り始めた。

 さて、それはなんでしょう?

 いや、そんなクイズをするのが、この項の本題ではありません。

 答えは「がん保険」です。彼は当時のアフラックの社長だった。


 マスクをしているのをみて「がん保険」を思いつくというのは、すごいセンスというか、こじつけっぽいとはおもうが、確かに、わたしも、ハリウッド映画やテレビドラマで、医療関係者以外の米国人がマスクをしているのを見たことはない気がする。


 そういえば、戦前には黒いカラス天狗みたいなマスクもあった。

 おそらくは、「結核に対する恐怖」が根強く日本人に染みついているからだとは思うが、日本人はマスクが好きだ。

 特に、最近は、冬になるたびに「新型インフルエンザ」の恐怖をマスコミからすり込まれ、やれ「H5N6」だの「亜種」だの「パンデミック」だのと脅かされて、人々はますますマスクを身に付けるようになって来ている。

 最近の主流は、不織布を利用した「使い切りのマスク」だ。厚生労働省も、その着用を勧めている。

 実際に、そういった廉価なマスクがウイルスを完全に防ぐことはないそうだが、それでも咽頭の保湿や雑菌の遮断という点でかなり有効だというデータもある。

 それは良いことだろう。


 が、そこにはひとつ問題がある。


 変な意味にとられると不本意なのだが、わたしは、女性の顔を見るのが好きなので、マスクで顔が隠れているのは困るのだ。

 美醜にかかわらず(まあ美しいにこしたことはないが)、女性がくるくると表情を変えて話をする、その姿を遠目にでも見ながら、街を歩き、喫茶店から街を眺めるのが好きだ。

 思えば、それがわたしの気分転換なのだろう。

 仕事柄、あまり人混みに出ることはないが、たまに外に出た時に、街行く女性の多くがマスクをしていると、なんだかがっかりする。



 ああ、男性はマスクでもサングラスでもしていてください。どうぞご勝手に。


 それに、現行のマスクは、どうもデザインが良ろしくない。

 かといって、花柄のマスク(子供用に最近売られている)は、あまり好みではないし…… 

 と、思っていたら、先日、新聞の広告でおもしろいものを見つけた。





 鼻の穴につめてつかう「鼻マスク」だ。

 ティッシュや綿で鼻をふさぐのとは違い、ちゃんと呼吸ができるそうだ。

 確かに、これをつけて口を閉じ、鼻からだけ息をしていたら、マスクと変わりないかもしれない。

 シンクロみたいに変に鼻が変形しないのもいい。
 
 調べてみると、結構ふつうに売られているようだ。

 しかし、つけ心地や、使い勝手はどうなのだろう。

 大きさは汎用とあるが、経験からいっても、人の鼻の穴の大きさは、かなり個人差があるような気がする(我々とジャッキー・チェン、いや英国貴族の鼻の穴の大きさが、同じとは思えない)。

 だれか、この鼻マスクを使った人はいないだろうか?

 もし良ければ、コメントで使用感などを教えてほしい。

 付け加えておくと、もちろん花粉症の予防にも使えるらしい。

 最近は、シンクロナイズド・スイミングでも、あまり鼻が変形しない栓を使っているようだが、これと同タイプの水を通さないタイプなのだろうか?


 私のおすすめ:
ノーズマスクピット2 ノーズマスクピット 花粉 花粉対策 花粉粒子...

|

« 水深二尋(すいしんにひろ)の格言 マンマミーア! | トップページ | Division by zero(現代推理) »

世の中オモシロ道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273544

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロでも使える?  〜ノーズ・マスク〜:

« 水深二尋(すいしんにひろ)の格言 マンマミーア! | トップページ | Division by zero(現代推理) »