« 無限に続く疑似現実スパイラル 〜バスジャック〜 三崎亜記 | トップページ | 見ているだけでマンプク……かな »

2009年2月23日 (月)

豪快な弥次喜多道中 〜素浪人 花山大吉〜




 先月よりCS時代劇専門チャンネルにて、「素浪人 花山大吉」が始まりました。

 近衛十四郎演じる花山大吉は、子供の頃からわたしのヒーローでした。

 オリジナル小説を読んでいただいた方にはお分かりのように、ある事情から、推理モノを書かねばならなかったため、わたしの時代物は、どうしても岡っ引き中心になってしまっていますが、本当に書きたいもののひとつは、この「素浪人〜」のように風任せに各地を放浪しつつ、行く先々で事件に巻き込まれるロードムービー時代劇なのです。


 もともとは、前作の「月影兵庫」の続編として作られた作品ですが、なぜか、わたしは、こちらの方が好きです。

 おそらく、回を重ねることで「予定調和」が練れて、ストーリー展開が、日本人にとって心地よいものになっていったからでしょう。

「月影兵庫」は、昔からある「マタタビもの」と、頭のキレる風来坊が主役の世界のクロサワ作「椿三十郎」あたりからテレビの制作サイドがインスパイアされ、ついでに弥次喜多道中のような凸凹(デコボコ)コンビの珍道中を描くようになってしまったあげく、原作者、南條範夫(あの「シグルイ」の原作者です)が、思い描いていた「渋い浪人の放浪話」という設定から逸脱しすぎたため、ついに作者からクレームがついて、放送終了になってしまったといいます。

 その設定をほぼ引き継いだ「花山大吉」は、最初から、そういった「作者の思惑」から解放されて、全開でコメディ時代劇道を疾走します。

 その結果、ホンペン(映画)からやってきたスタッフと芸達者な脇役をふんだんに用いて作られたこの作品は、最高にポップでキッチュ?な名作に仕上がりました。


 子供の頃は「どうしてオヤジにまったく似ていないのだろう?」と不思議に思っていた兄の松方弘樹や弟の目黒祐樹が、今みるとすごく近衛十四郎に似てきているのも嬉しい発見です(実のところ松方は、一時、花山大吉を演じたことがありますが)。


 いまだ健在(77歳)の、ハンサムな三枚目お人好しの旅ガラス「焼津の半次」を演じた品川隆二氏が、シリーズ放送を記念したインタビューに答えて、「コメディーの形で(近衛さんと)むき出しの闘争をしていた。NGは出した方が負け。その緊張感があったから続いたと思う」と語っておられますが、まさしくその通り、マンザイでもわかるように、二人の掛け合いで作られる、良いコメディは、抜き身の刀をつばぜり合いしつつ鎬(しのぎ)を削る真剣勝負の感があります。


 森田 新の脚本も良い。


 オープニング・テーマを歌う、若き日の北島三郎の伸びのある高音もすばらしい。


 時代劇専門チャンネルを視聴できる方は、ぜひ、ご覧になってください。

 確かにレトロで、ステレオタイプで、パターンで予定調和的ではあるのもの、ある意味「完成された時代劇」がここには存在していますから。

|

« 無限に続く疑似現実スパイラル 〜バスジャック〜 三崎亜記 | トップページ | 見ているだけでマンプク……かな »

ドラマ(国内・海外)」カテゴリの記事

コメント

これは本当に腕時計なの?
1896年アメリカ・ニューヨークで生まれた腕時計ブランドは100年以上経った今でも多くのファンを持つ老舗です。
ベル&ロス【Bell&Ross】の腕時計の特徴と買取相場を探ろう! アクセサライズのアイテムはエスニック、クラシック、エレガント、ヴィンテージ風など様々なスタイルと、豊富なカラーバリエーションが特徴。
BR01の10周年を目前にした2014年発表の、BRシリーズ最上位機種。
バーボンなどのアメリカンウイスキーよりも歴史が深いという説もあり、以前は品質が劣悪なウィスキーとして有名でしたが、現在では品質が向上し、いわゆる「5大ウィスキー」の1つにまでなっています。
ETAムーブメントをベースに、自動巻きながら薄型を実現。
現在、ブルーノ氏の手元にはないが、黒い角型ウォッチ志向の萌芽を感じさせる。
シンプルゆえ、ともすれば量産型かと思いきや実は細部にまで緻密な作りこみがなされています。
1000m防水、減圧バルブ、単一方向内部回転ベゼルを備えた本格派ダイバーズウォッチです。
女性向けとして開発された39mmサイズのBR。
BR05の構造は、「四角」に連想される厳しさを凌駕し、さらに「丸(円)」から受ける完成度の高さを超えて、独自の個性を定義しています。
そしてその目的を達成するために視認性や機能性、高精度そして防水性という4つのコンセプトを取り込んだ時計を作っているため、他の時計と比べても極めて機能性が高いのです。
高機能な防水性を持つ"マリーンBR02"をびっくりの高価買取致しております。
を採用したり、ダイアルをスケルトンにするなど、機能性一筋だったベル&ロスに挑戦や遊び心を加えたシリーズとなりました。
99名のサバイバルモードも緊迫感があるので挑戦の価値あり!革ベルトは装用感に優れます。
極端に華美な腕時計ではなく、シンプルで実用に適したヴィンテージウォッチでした。
基本はシンプルなステンレスモデルのためオンオフ問わない使用が可能ですが、インデックスや独特の針にはベル&ロスのデザインアイデンティティがふんだんに詰まっており、時計愛好家もベル&ロスファンも納得のシリーズではないでしょうか。
腕時計の基本となるシンプルなアナログ表示です。
ベル&ロスの腕時計を売るときに一番気を付けるべきは、買取店選びです。

正規品と同等品質のコピー品 https://www.yuku006.com/ProductDetail.aspx?Id=201907071020435020

投稿: 正規品と同等品質のコピー品 | 2020年5月30日 (土) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪快な弥次喜多道中 〜素浪人 花山大吉〜:

« 無限に続く疑似現実スパイラル 〜バスジャック〜 三崎亜記 | トップページ | 見ているだけでマンプク……かな »