« ああ、じゃりン子チエの……え、ちがうの? | トップページ | 一番長く、一番短かった男 »

2009年1月24日 (土)

巧(たく)まずして怪演 〜トライアングル〜

 前にもどこかで書きましたが、わたしは海外在住の友人に頼まれて、地上波のドラマを録画しています。

 めったに中身は見ないのですが、たまにきちんと録れているか確認するために内容を観ることがあります。

 その際、面白そうなのがあると、何週間かためてからまとめて観ます。

 最近では、「チームバチスタの栄光」や「流星の絆」「夢をかなえるゾウ」などを観ました。


 先日、録りためた動画ファイルに目を通したところ、『関西テレビ放送開局50周年ドラマ「トライアングル」』に、とりつかれてしまいました。




 内容自体は、それほどたいした謎があるわけではありません。

 よくある「登場人物たち(主人公すら)が、知っていることを話さないが故の謎」を中心に物語が作られています。

 こういった、黙秘の謎(かぶらや命名)タイプのミステリは、「なぜ、彼らが黙っていたか」がポイントで、ここにヒネリがないと「なぁんだ、時間のムダだった」ということになりかねません。


 ごらんになっている方はおわかりでしょうが、「トライアングル」は、主人公、江口洋介が演じる元医師にしてインターポールの係官?、郷田が、どういう名目からか(研修ということになっています)日本にやってきて、とっくに時効になった殺人事件を追いかける、というはなしです。

 その主人公、ゴウダ(名前がタケシならジャイアンなのに、残念!)は、上で書いたように「はっきりモノをいわない」「知っていることを全部視聴者に見せない」「妙に含みのあるキャラクタ」として造形されています。

 これは、演じる上でかなり難しい役どころだと思います。

 しかし、ここで江口洋介の演技がすばらしい

 実のところ、彼について、わたしはよく知りません。

 若い頃も知りませんし、最近?では「白い巨塔」に出ていたようですが、わたしは田宮版の大ファンなので、リメイク版をほとんど観ていないのです。


 歯に衣着せず、いい切ってしまえば、「トライアングル」の俳優江口洋介は、明らかにダイコンです。

 これも最近観た「金田一シリーズ」で、芸達者にかこまれてダイコンに見えていた稲垣吾郎メンバー(この呼び方覚えてる?)の演技すら確かなものに見えてくるほどに……
(誤解なきように。わたしは、稲垣メンバーの金田一シリーズは、そのエキセントリックな演出も含めて好きです)


 他の登場人物から何か言われるたび、数年前、イチローがオバマばりに「変わらなきゃ」を連呼していた某自動車会社のCFそっくりに、アカラサマに視線を上にやったり、下にやったり、あげく無意味に斜め上を見上げたり……目の体操かよ!

 しかし、いかにもそれが怪しい。

 ヒドク怪しい。怪しスギル。うさんくさい。何か企んでいそう!

 意味もなく、とつぜん作る笑顔も「含み」があるように見える!


 そして、おそらく彼はそれを意図していない……

 つまり、ダイコン演技が、巧まずしてイカガワシく怪しい男を見事に体現しているのです。

 これはキャスティングの妙として、プロデューサー賞賛しなければならないでしょうねぇ。

 今後の展開はどうあれ、「トライアングル」

 江口洋介氏の怪演を鑑賞するだけでも、観る値打ちはあるようです。

|

« ああ、じゃりン子チエの……え、ちがうの? | トップページ | 一番長く、一番短かった男 »

ドラマ(国内・海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巧(たく)まずして怪演 〜トライアングル〜:

« ああ、じゃりン子チエの……え、ちがうの? | トップページ | 一番長く、一番短かった男 »