« bodumサイフォン式コーヒーメーカーみっけ! | トップページ | しもしも ばね電話 »

2009年1月 6日 (火)

B型ってこんな人




 日本人の2割を占めるB型は、いわゆる少数派。

 マイペース一見変わり者に見えるB型は、まわりから理解されにくい血液型です。

 それゆえに、B型を理解しようと解説本が人気だそうです。

 個性的で分かりにくいB型の性格は、免疫学から考えると意外に簡単に理解できます。


 行動的で自己主張が強く、自由奔放なB型は、一見強い性格に見えますが、その裏側にはもろくて繊細な面が潜んでいます。

 B型はO型についで免疫力が強く体力もあります。

 しかしながら、結核にかかりやすく、肺炎になりやすく、食中毒を起こしやすいのです。

 持ち前の行動力ゆえに外に出て行っても、簡単に肺炎になり食中毒を起こす。

 こうした、強いのに特定の病気に極端に弱い体質が、B型の性格形成に大きな影響を与えています。

 もともと、O型に似て自由奔放なB型は、O型のように積極的に外に出ていろいろな人と交わりたいと考えます。

 しかし、感染症や食中毒に対して本能的な恐れがあるため、O型と違って無防備に人と交わることができません

 自分を守るために、人混みを避け、我が道を行かざるを得ないのです。


 発生過程から見るB型の性格形成は、その発生要因となった遊牧生活にも原因があると思われます。

 概論で書いたように「ヒマラヤの山岳地帯に移住した人々が遊牧民となって、家畜の肉や乳製品を食べ始め、腸内細菌が変化しB型が生ま」れたのです。

 牧草を求めて、転々と移動する生活は、自由ですが、常に新しい環境下で暮らしていかねばなりません。

 そのために、柔軟な発想や決断力、行動力が必要とされたのでしょう。


 O型同様、スポーツ選手やアスリートが多いのもB型の特徴です。

 体力があり免疫力が強いことに加え、B型は好きなことに一心不乱に打ち込む傾向があります。

 それが、スポーツにおける成功につながったのでしょう。


 交通事故については、四つの血液型の中で、事故率は低い方です。

 出会い頭の衝突事故が多いそうですが、一つのことに気を奪われると注意力が散漫になるB型の性格を考えれば頷けることです。



 病気については、B型はB型物質に対する抗体を持っていないために、B型物質を持っている病原菌に感染しやすく、重症化しやすいけいこうがあります。

 食中毒を起こすサルモネラ菌、肺炎や気管支炎の原因になる肺炎球菌には、B型物質をもつものが多いのです。

 結核菌に感染しやすいことも分かっています。

 また、型によってはインフルエンザにも注意が必要です。

 ウイルスには血液型物質はありませんが、どうやら好みの血液型があるようで、インフルエンザA1型はB型物質にくっつきやすいのです。

 B型はストレスに強いので、ガンや生活習慣病にかかる心配はそれほど高くありません。

 また、天然痘にもかかりにくいことがわかっています。

 

 食べ物についてですが、B型に合う食べ物は、A型とは逆に、B型物質を持っているものです。

 ですから、B型物質を持つ羊肉や鯨、ハマグリはたくさん食べてもかまいません。

 反対に、A型物質を持つ豚肉や牛肉、馬肉、ウナギなどは控えめにするべきです。

 B型の人がA型物質を食べるダイエット効果があるともいわれていますが、食物アレルギーを起こすおそれがあるので、やはり食べ過ぎない方が無難でしょう。


 B型は、好きな事に熱中し、嫌いなことには見向きもしない傾向がありますのが、スポーツは体質に合うので、興味の持てる運動を生活の中に取り入れるようにしましょう。

 集中力が、それほど持続する方ではありませんので、ゆっくり行う有酸素運動より、短時間で鍛えることができる筋肉トレーニングや、ゲーム性の高いスポーツが向いてると思います。





 ということです。

 B型の皆さん(と、その周りにいる皆さん)、如何でしょうか?

 頷けるところはありましたでしょうか?

 鯨肉はともかく、ハマグリと羊肉をたくさん食べても良い、というのは、本当かなぁ。

 なんかどちらも、精(せい)が強そうな気がするんですが……

 次回は、AB型です。

|

« bodumサイフォン式コーヒーメーカーみっけ! | トップページ | しもしも ばね電話 »

健康・生き残る体をつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B型ってこんな人:

« bodumサイフォン式コーヒーメーカーみっけ! | トップページ | しもしも ばね電話 »