« 正確ガリレオ | トップページ | 埋め込み型疲労マーカー HHV-6 »

2008年12月 9日 (火)

りりん (推理時代小説)

りりん (紅蓮改め)縦書きPDFファイル

梗概:あらすじ

 天保年間の江戸、辰蔵は腕利きの岡っ引きで、仲間からも一目置かれている。

 ある日、辰蔵は、浪人矢野新重郎と知り合う。
 彼の家を訪ねた辰蔵は、出迎えた新重郎の妻、美しいゆきに心ひかれるのだった。

 数日後、大工の息子、与一が誘拐され、再び辰蔵は新重郎と会った。

 与一は新重郎の寺子屋で読み書きを教わっていたのだ。

 翌日、与一は死体となって見つかる。

 下手人を捜すうち、辰蔵は新重郎の意外な噂を聞きつけた。

 今は、風呂付きの下駄屋の離れを借りて暮らしているが、かつて長屋住まいの時、ゆきを大切に思うあまり、夏も冬も彼女を湯屋(風呂屋)に行かせず、行水をさせていたというのだ。

 新重郎の怪しげな行動は続き、ついに下手人も見つからないうちに、ゆきと二人で江戸を出ようとするのだった。

 やがて、辰蔵は、美しいゆきの思いもよらない秘密を知る。


 先の二作が比較的好評だったので、調子にのってもう一作アップさせていただきました。
 この作品は、もともと「紅蓮」というタイトルだったのですが、今回は、最初に思いついたタイトル「りりん」に改題してあります。

 お楽しみいただければ幸いです。

|

« 正確ガリレオ | トップページ | 埋め込み型疲労マーカー HHV-6 »

自作小説(PDF)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273817

この記事へのトラックバック一覧です: りりん (推理時代小説):

« 正確ガリレオ | トップページ | 埋め込み型疲労マーカー HHV-6 »