« K-9は警察犬だ じゃあK-20 は? そう怪人二十面相…… | トップページ | 赤い風車 観てしまいました。  »

2008年11月12日 (水)

はやくテレビをつけて、観て「赤い風車」

 急いでいるので用件だけ書きます。

 今、12日、午前0時53分です。

 ついさきほど、0時50分からNHK-BSでジョン・ヒューストン監督の「赤い風車」が始まりました。

 あの、絶対的に孤独な画家、トゥールーズ・ロートレックの生涯を描いた名作です。

 とにかく、こんなブログを読むのはやめて、はやくテレビをつけて観てください。

 はやく、はやく、とにかくはやく。

 わたしはいつも、かの画家の孤独な胸中を思うと気が遠くなってしまいます。

 それを、正しく描いた、最初の映画が「赤い風車」です。

 赤い風車=ムーラン・ルージュは、最近つくられたミュージカルのように陽気なウソ話ではありません。

 とにかくみてください。

|

« K-9は警察犬だ じゃあK-20 は? そう怪人二十面相…… | トップページ | 赤い風車 観てしまいました。  »

銀幕のこと(映画感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやくテレビをつけて、観て「赤い風車」:

« K-9は警察犬だ じゃあK-20 は? そう怪人二十面相…… | トップページ | 赤い風車 観てしまいました。  »