« イイクニつくったか? 鎌倉探訪5(Last) さらば江ノ島 | トップページ | 割安メモリー・スティックProDuo制作 »

2008年11月 2日 (日)

時間を戻して! USBからバックアップソフト起動


 誰もが知っている事だとは思うが、コンピュータを使っているとOSは重くなってくる。

 不完全きわまりないOSであるウインドウズは、使い続けるにつけ、不用なレジストリをふやし、知らぬ間に更新し、自壊していっているのだ。

 で、我々にできることはただ一つ、まっさらにクリーン・インストールしたばかりのOS、あるいは、それに必要最低限必要なFEPやソフトをインストールしサービスパックをアテた、生まれたてのシステムを保存し、システムがおかしくなった時に、まるで時間を戻すかのように、その状態に戻すことだ。

 そのために、バックアップ・ソフトが存在する。

 わたしが愛用しているのは、アクロニス、トゥルーイメージ・パーソナル2だ。

 2,000円程度という低価格ながら高性能。

 XPまでしか対応していないが、バリバリ仕事をしている人のほとんどはXPを使っているはずだから問題はないだろう。

 実際、このソフトはつかいでがいい。

 外付けのUSBハードディスクなどに、システムをバックアップしておけば、マシンにどんな障害が発生しても安心だ。

 しかも、単なる保険として使う以外に、メイン・マシンを様々な用途に特化することにも使える。

 たとえば、わたしは、友人とMHP2G(モンスターハンター)をXlink Kai経由で対戦するときなど、普段使用するソフトがいっぱい詰まったOSから、システムとスカイプ、Xlink Kaiのみの軽いシステムに変更する。

 そうすることで、少し処理が重いXlinkを、ごく軽いシステムで快適に使うことができるのだ。


 デスクトップ・マシンなら、CDから起動するように設定すれば、製品ディスクで立ち上げて、外付けHDにバックアップしたデータからCドライブを復活できる。

 ただ、欠点は、メディアがCDのみであることだ。


 わたしが何台か持っているノート・パソコンは、ほとんどが軽量小型ノートなので、1スピンドル、つまりHDしか積んでいない

 だから、バックアップはできるものの、システムがおかしくなった時などに、レ(リ)ストア復旧)ができないのだ。

 しかし、捨てる神あれば拾うソフトがあるのがコンピュータの世界。

 今や、1Gバイトが1,000円を切る価格になったUSBメモリにバックアップソフトをパッケージできる方法を先日見つけた。



 以下に、その方法を示します。便利ですよ。

1.まず、「HP ドライブ キー ブート ユーティリティ」を使ってブート可能なUSBメモリを作成する。(オプションは全部デフォルトでOK)

2.WindowsにインストールしたTrueImageの「ブータブル メディア ビルダ」で保存先をUSBメモリに指定。

 PCにUSBメモリを接続して電源を入れる。

 ロゴが現れたら成功。

 うまくいかなかったらPCのBIOS設定でUSBメモリ(リムーバブルメディア)ブートをブート順序1番にする。


 以上、たった2ステップで、CDドライブのないノート・パソコンで、簡単にUSB復活ができるようになるのでるから、うれしいですね。

 先日、こういった、さまざまなツールがUSBメディアで販売されるようになったことを知りました。

 やっぱり需要があるんだなぁ。

 でも、こっちの方法が、安くてメモリの流用もきくから便利ですよ。


 私のおすすめ:
ソースネクスト Acronis True Image Personal 2 [Win/日本語] (72...

|

« イイクニつくったか? 鎌倉探訪5(Last) さらば江ノ島 | トップページ | 割安メモリー・スティックProDuo制作 »

コンピュータのことども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間を戻して! USBからバックアップソフト起動:

« イイクニつくったか? 鎌倉探訪5(Last) さらば江ノ島 | トップページ | 割安メモリー・スティックProDuo制作 »