« セーラープロフィット21 今、現在使っている万年筆その二 | トップページ | もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四 »

2008年11月14日 (金)

世界でただひとつ:キャップレス 今、現在使っている万年筆その三

 世界でただひとつ、といってもわたしの持っているペンがそれだというわけではありません。

 量産されている世界で「たったひとつのノック式万年筆」がパイロットのキャップレスなのです。




 ペン先はこんな感じです。



 ちょっと変則的なスタイルなので書き味が心配されますが、さすが日本の万年筆メーカー。

 これが書きやすいんですね。

 さきに、セーラーのハイエースを二番目と書きましたが、これと同率二位の書きやすさ、という意味とお考えください。


 書くときは、クリップをはさむ感じでホールドしますが、まるで違和感がありません。

 かえって書きやすいくらいです。

 携帯時は、ペン先が上向きになることと、完璧な自動シャット機構とが相まって、インク漏れやペン先乾燥などを経験したことがありません。

 ペン先はF(細字)ですが、これも絶妙の細さで、わたしには書きやすい。

 文字のトメ、ハライも気持ちよくきまります。

 インクは、ペリカンのブルー・ブラックを使うことが多いですが、気分によっては、ペン先を洗って黒を使うこともあります。

 あと、パイロットには、ペン習字ペン500円と、デスクペン700円という低価格かつ名品もあります。

 わたしがセーラーを一番に推したのは、単に好みだけの問題です。

 パイロットの習字ペンは、ちょっとだけひっかっかる感じがするのです。

 しかし、それは、ペン先の「絶妙に鋭利な細字感」の結果であって、決して欠点ではありません。

 本当に好みの問題です。

 あと、殴り書きなどで、どんどん使っている廉価(れんか)万年筆がありますが、それはまた別項で。


 私のおすすめ:
キャップレス (格子柄) パイロット

|

« セーラープロフィット21 今、現在使っている万年筆その二 | トップページ | もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四 »

文房具のステーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273887

この記事へのトラックバック一覧です: 世界でただひとつ:キャップレス 今、現在使っている万年筆その三:

« セーラープロフィット21 今、現在使っている万年筆その二 | トップページ | もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四 »