« もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四 | トップページ | キャシャーンSins 〜滅びに向かう世界〜 »

2008年11月14日 (金)

最後までガンバレ レッツ補助軸

 みなさんは、補助軸というものを知っていますか?

 補助軸、エクステンダー、えーっと子供の時には何といったかな。鉛筆ホルダー?

 まあ、だいたいは銀色で、お尻のところに消しゴムがついていたり、なくてツルッとしたままだったり……

 そこへ、チビて持ちにくくなった鉛筆を差し込んで、さらに短くなるまで使う道具。


 鉛筆をいれて入り口のところをねじると、しっかり固定される……はずなんだけど、きっちりと固定されたタメシがない。




 書くたびにグラグラするから最後まで使うことなく、すぐに鉛筆殿堂行きとなる。

 え、鉛筆殿堂って何かって?

 説明しよう。


 鉛筆殿堂……それは、短くなった鉛筆を捨てる気になれず、まとめて「そばぼうろ」の缶にいれておくうち、使いきれなかったボールペンと一緒になって、数え切れないくらい溜まってしまったもの。まあ、ゴミ箱みたいなモンです。




 前にも書いたが、わたしは、アンダーライン用に赤鉛筆を使う。

 三菱のバーミリオン。

 最近になって、短くなった赤鉛筆を、エクステンドする補助軸のイイやつがインターネットなどでも紹介されるようになった。

 だが、けっこう高い。

 チビた鉛筆を何とか使おうっていうセコ、いやエコロジー意識の高い人間が、高い補助軸を使ってドーするの、と思っていたら良いモノを見つけました。

 サンスターのグリップ付補助軸PRO!

 これなら、鉛筆は完全に固定されてまったくグラグラしない。

 なんたってPROですから。おまけに安い。




 後部には、回転させると伸びて出てくる消しゴム付。

 実際に鉛筆をさすとこんな感じ。




 見てみて!こんなに短くなるまで、赤鉛筆が使える! 



 皆さんも、鉛筆を使うことは少ないでしょうが、使う際には、ぜひ一度ご利用をお考えください。

 おススメします。

 今ハヤリのエコロジーに則しているような、ただ捨てられない心の弱さのような……


 私のおすすめ:
サンスター文具 グリップ付補助軸PRO GRIP WITH PENCIL HOLDER

|

« もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四 | トップページ | キャシャーンSins 〜滅びに向かう世界〜 »

僕の好きな道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273883

この記事へのトラックバック一覧です: 最後までガンバレ レッツ補助軸:

« もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四 | トップページ | キャシャーンSins 〜滅びに向かう世界〜 »