« 世界でただひとつ:キャップレス 今、現在使っている万年筆その三 | トップページ | 最後までガンバレ レッツ補助軸 »

2008年11月14日 (金)

もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四

 また次の機会に書こうと思いましたが、ついでに書いておきます。

 キャップレスが、量産された「ただひとつのノック式万年筆」ならば、このプレピー(って、「プレッピー」のことだよね?そのネーミング・センス、ちょいハズカシ)は、日本で有名メーカーから市販されている「一番安い万年筆」のひとつなのです。(女子学生向けの小さいプラスティック万年筆など売られていますから、一番安い、と断言できないのがチト辛い)


 わたしが、裏紙などに、思いつきを殴り書きするような場合や、歌詞の添削(そんな仕事もしているんです)をする時に、赤インクを入れて使っているのがプラチナのプレピー210円です。




 なんといっても安い。プラチナの万年筆が210円ですよ。もちろん中国製ですがね。

 コンバータの方が高いのがスゴイ。

 わたしは、これにパーカーの赤インクを詰めて使っています。




 赤インクはパーカーの色が好みなんです。


 ペン先が、わたしの好みからすると少々太いのが難ですが、価格の安さとペン先にイリジウムチップを張り付けたタフネスさが素晴らしい一品です。

 中にいれるインクのカラーによって、ペン先、キャップの色を選べるのもなかなか良いと思います。(わたしは、黒ばっかり何本か買って、詰めるインクを変えているのですが)

 これは、セーラーやパイロットより、もっと軽い気持ちで一本もっていただいても良い万年筆だと思います。


 私のおすすめ:
プレピー万年筆 ブラツク ブラック

|

« 世界でただひとつ:キャップレス 今、現在使っている万年筆その三 | トップページ | 最後までガンバレ レッツ補助軸 »

文房具のステーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273886

この記事へのトラックバック一覧です: もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四:

« 世界でただひとつ:キャップレス 今、現在使っている万年筆その三 | トップページ | 最後までガンバレ レッツ補助軸 »