« しばし時間を忘れる魔法 | トップページ | わたしの手帳史6 〜こんな手帳を使ってきました〜 »

2008年11月 5日 (水)

わたしの手帳史5 〜こんな手帳を使ってきました〜

 ミニ6穴サイズのシステムノートです。

 やはり、リヒトの軽量バインダーを使っています。




 携帯パンチを買って、いろいろなものに穴をあけて閉じました。



 さらに、文庫本カバー付ミニ6レフィル手帳も手に入れました。




 これは、なかなか使い勝手がよかったものの、やはり分厚く重いという呪縛から逃れることができず、やがて使わなくなりました。

 それに、なんといっても、一枚あたりの文字を書く面積が小さすぎた。

 個人的な好みでは、あと、もう少し大きくないと使い勝手が悪過ぎる。

[以下次号]

|

« しばし時間を忘れる魔法 | トップページ | わたしの手帳史6 〜こんな手帳を使ってきました〜 »

うわさの手帳術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47273932

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの手帳史5 〜こんな手帳を使ってきました〜:

« しばし時間を忘れる魔法 | トップページ | わたしの手帳史6 〜こんな手帳を使ってきました〜 »