« 現存するタイムマシン 〜2001 Google Search〜 | トップページ | 現在使っている手帳 »

2008年10月24日 (金)

ふっきる瞬間。Go!DAIGO でも紅白には出られない? 


 正直に告白すると、わたしはDAIGOという歌手について、あまり知らない。

 だから、これから書くことは、ただ、今の時点でわたしが感じていることに過ぎない。
 

 わたしは、DAIGOを、よくは知らないが、それでも彼が消費税法を成立させた竹下登であることは知っている。


 先日、そのDAIGOが、早くも紅白落選と報じられた。

 まだ決定事項ではないようだが、なんでも、彼の大叔父竹下亘氏が、次期総選挙で衆議院に出馬するとのことで、DAIGOが表立って応援を表明しているために、公正中立をタテマエとするNHKが、彼を公に使うことを自粛するのだという。


 著名な家族を持ち、「撰ばれてあることの 恍惚と不安と 二つわれにあり」……という心境は、ごく普通の家庭で育ったわたしにはわかるはずもない。

 だが、考えること、想像することはできる。

 もし、自分が有名人の関係者だったらどうなのだろうか、と。

 それを利用して安易に世に出るか、それとも自分の力でがんばるか?


 DAIGOは、デビュー後数年の間、出自を封印していた。

 「売れるものはどんなものでも売る」のがアタリマエの芸能界にあって、それは、プロダクションの戦略であったのか、それともDAIGO自身の「自分の力で世に出たい」というプライドであったのかはわからない。

 30才近くなって公表したことから考えると、おそらくは、自分の力で世に出たい、という矜恃で黙っていたのだろう。

 芸能界は、いやファンと言い換えても良いが、著名人の子弟を好むものだ。

 世の中は、あの人の子供、弟、孫は、どんな人なのだろうと、知りたくて仕方がない。


 現実に、その出自を明らかにしたとたん、彼は芸能界で頭角をあらわしはじめたそうだ。

 わたしは、ある女性から初めて彼の名前を聞いたのだが、そのとき彼女は、DAIGOの紹介として「竹下登の孫なのよ」とすぐに付け加えた。

 おそらく、今はまだ「竹下 登」というコトバが、まだDAIGOという歌手の一番のアイデンティティなのだろう。

 何年もの不遇時代のあとで、彼が出自を明かした、その心境ふっきれた瞬間の生の気持ちを、誰が書いたかわからないようなタレント本ではなく、彼自身の言葉でじかに聞いてみたい気がする。

 わたしは、彼の、いわゆるDAIGOポーズ話し方にも、そういった売れない時代の影響を感じてしまう。

 あるいは、わたしが深読みしすぎているだけなのかも知れないが……

 彼が、NHKでのキャリアを犠牲にしてまで、竹下ファミリーの応援をするかどうかはわからない。

 長い間、出自を隠してきた強い気持ちをふっきって「竹下の孫」と公表してやっていくと決めたのだ。

 DAIGOは、その「竹下」の名の重さゆえに大叔父を応援し続けるのか、あるいは、もっと現実的に、売り出す時期を見誤らないように、紅白出場に重きを置いて選挙応援を控えるのか。

 今後しばらく、彼の行動に注目していきたいと考えている。


追記:
 DAIGOと同じような、といったら失礼なのかもしれないが、出自で、年齢も似ているタレントに小泉孝太郎がいますが、たしか彼は、はじめから例の首相の子供だと公表してましたよね。
 芸能界の厳しい世界では、それがアタリマエだと思うのですが、やっぱりDAIGOって意地っ張り?
 あと、二人の仲ってどうなのかな?
 「住む世界が違う」ったって、やっぱりみんな比較したがるでしょう?
 対談とかしてるのかな?
 案外、仲が悪かったりして……

|

« 現存するタイムマシン 〜2001 Google Search〜 | トップページ | 現在使っている手帳 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふっきる瞬間。Go!DAIGO でも紅白には出られない? :

« 現存するタイムマシン 〜2001 Google Search〜 | トップページ | 現在使っている手帳 »