« 迷いの無い目 〜スピード・レーサー〜 | トップページ | エンドレス・サマー1 〜スカイクロラ〜 »

2008年9月11日 (木)

エンドレス・サマー2 〜スカイクロラ〜

(エンドレス・サマー1より続く)




 わたしはスカイクロラの、人に内在する闘争本能を満足させるために、ヒトでないものに代理戦争をさせているらしい「平和を成し遂げた世界」というものの存在が、どうも画的に1950年っぽいのが気に入らなかった。

 もう少し科学力が進んだ世界観でも良いはずだ。

 物語の中でも、キルドレは偶然に生まれた技術で、と言われてはいたが、クローン技術や、記憶操作だけが発達した世界で、世の中全体が、ジェット機誕生以前の世界観のままというのはご都合主義すぎていただけない。

 ほんの少しだが画面に映る世界地図も、我々の世界とはまるで違うから、おそらくは欲しい部分だけが実現した世界を創り出す、ご都合主義的パラレルワールドなのだろうが、それでもおかしな点が多すぎる。

 だいたい、年を取らないクローンが生まれたら、そいつらを使って代理戦争をさせるより、もっとさせることがあるはずでしょう。

 まっさきに考えられるのは、いわゆる臓器移植の献体にすることであろうし、次いで下級労働に使うことが考えられる。


 「できてしまった技術」は封印することが難しい
 人類にできることは、ただ何か(神、仏、それとも?)に祈りつつ、それらをコントロールする術を身につけようと努力するしかないのだ。
 それは法的整備であったり倫理面の強化であったりする。

 数が揃えば地球を吹っ飛ばすことの出来る核爆弾が発明されてから、各国が持ち合いをし、協定を結び相互監視することで、今のところ何とかコントロールはされている。
 ま、この均衡がどれぐらい続くかは怪しいものだが。


 あるいは、ヒトゲノムの基本部分が写し取られ、人類がクローン技術の端緒についた近年、想像するだに恐ろしい悲劇が間近に迫っていることだろう。

 倫理部分をクリアするための、臓器のみをピンポイントで作る技術(いわゆる胚性幹細胞<ES細胞>)の開発)はまだ人の手に余る。

 だが、死にたくない高齢権力者は待つことができない。
 よって、生き延びんがために生み出される「部分的でない」クローン(こちらはまだ技術的に楽だ)から必要な臓器のみを取り出して利用するといった悲劇は今後次々と起こっていくだろう。

 そういった悲劇を乗り越えないと、おそらくヒトはクローン技術を制御し、あるいは封印することができない。

 そして、一般の人々が臓器移植やゲノム解析で不死になり、他の星からの資源搬入が円滑に行われナチュラル・リソースの不安が無くなって初めて、アソビのために資源を無限浪費する代理戦争を楽しめるようになるはずだ。

 そういった問題点をクリアせずに、いきなりクローンに代理戦争させる世界というのは実際考えられない。

 あるいは、「自分たちにはない永遠の青春」を手に入れてしまったピーターパンたちに対する、古き人類の嫉妬がその遠因となっているのかもしれないが。

 それにしても動機としては少し弱いようだ。

 そういった矛盾点は、アニメ世界に社会的リアリズムを求め続けてきた押井の作品としては甚だ奇妙に感じてしまう。

 「スカイクロラ」はシリーズの最後になる作品らしいから、原作では、それまでに、きっちりとした作り込みがなされているのかもしれないが、映画では、最後に出てくる、遺伝子操作で女性にされたらしい主人公のクローンの独白めいた台詞で少し語られるだけなので、何もわからないままだ。

 あと、キルドレって、たぶんチルドレンのことだろうが、なんとなく「ジル・ド・レィ」に音が似ているのが気になるな。

 もっとも、あっちはジャンヌ・ダルクの盟友、救国の英雄にして後に黒魔術に傾倒し、蒼髭のモデルになった男だからまったく無関係か。


 名前といえば、主人公の前に部隊にいた男が(つまり彼自身だが)「仁郎(ジンロウ:人狼)」と呼ばれていたのも面白いが、ヒロインの名前が草薙水素(クサナギスイト)で、顔は、まんま攻殻機動隊の草薙素子(クサナギモトコ)っていうのはどうなんだろう?


 作者の森博史嗣(モリヒロシ)の作品は、「すべてがFになる」しか読んだことがない。
 本人はどう思っているかわからないが、現役(当時)の理系大学(建築らしいが)の講師だったか助教授だった肩書きと、作品内容から理系本格推理(だったかな?)というようなことを言われていたはずだ。

 ちなみに、わたしは何の先入観もなく「すべてがF」と聞いて、まず頭に浮かんだのは、16進数のFのことだった。

 全部がFになったら、次の瞬間には、スタック・オーバーフローを起こしてしまうな、と思って読んだら、それがオチでびっくりした覚えがある。

 内容は変わった名前の主人公たち(「謎の天才女性科学者」など)が孤島の研究所で何かする話だったはずだ。

 あと、本来ならスカイ・クロウラーと発音すべきところを、クロラにしているのは、いくら理科系の論文では、JIS規格(Z 8301)にのっとって三文字以上の言葉の長音記号は省略するのが通例といっても、もと理科系のお学者さま(くどいようだが建築家らしい、今は辞めてフリーらしいが)を表に押し出した過ぎているような気がするな。
 なんとなく雰囲気で、いい加減に「コンピュータ」「イラストレーター」を混在表記するブンカケイの作家の方が、いっそ好感が持てる。


 とまあ、欠点をあげつらったが、「スカイクロラ」原作および設定はともかく、アニメーションにおける戦闘シーンはナカナカ良い

 乗降時の風防の手動オープンシーンに始まって、背面飛行しつつ飛んでいくところ、おそらくかつてあまり描かれたことがないであろう、着弾による操縦者の死亡シーンなども素晴らしい。

 ちょっとアンニュイな、というよりかなり病的に陰鬱な映像表現(フィルタリングによる空気感というべきか)も、一億総神経症に冒されつつある現代日本人には共感できるところもあるかもしれない。

 さらにいえば、戦闘妖精雪風のように、マッハの速度で飛ぶ怪物同士の闘いでないところがいい。
 主人公たちが、単発や双発のプロペラ機に乗ると言う設定が素晴らしい。

 空中戦が、もっとも面白いのは、飛行機の速度が人間の反射神経で制御できる程度であった内燃エンジン機までだからだ。

 ジェット系の外燃機関がメインの戦闘は、速すぎてコンピュータのアシストなしでは戦えない

 実際に、コンバット・フライト・シミュレーターなどのソフトを、フィードバック付操縦桿で遊ぶと、最高に面白く、わたしも一時期熱中した覚えがある。


 付け加えれば、(原作は知らないが)映画の中で語られる「戦争」が空中戦のみというのも、設定としては、なかなかにウマイ

 人類始まって以来、営々と続けられてきた戦争には、逃れようのない法則がいくつか存在する

曰く、
「戦略のミスは戦術では覆せない」
「戦争は地上部隊の投入によって初めて終結する」
等々。

 特に、二番目のものは、戦争を終わらせるためには絶対に避けられない行動パターンだ。

 さきの戦争で、アメリカ軍は、ミサイル攻撃と空爆の空中戦の後、地上部隊を投入したものの、それらはテロ攻撃を受け続けている。

 だったら空爆のみで戦争を終わらせれば良いと考えるのは素人だけで、戦争は陸軍なしには終わらない

 清潔なコクピット環境からの攻撃だけでは、絶対に戦争は終わらないのだ。

 兵士がドロにまみれ、現地の人間と直接接触してのみ、戦争は終結する。

 逆にいえば、永遠に戦争を続けたければ、空中戦のみをしていれば良いのだ。
 相手の土地を占領、制圧せずに、ゲームのようにただ戦闘戦術を競うだけの闘いを。

 つまり、これがキルドレが演じる戦闘ゲームだ。

 戦争を終結させないためには、戦闘によって流す血を世間に見せず、その量を限定することが肝要なのだ。

 それにぴったりなのが、飛行機によるコンバットだ。


 だが、血を流さないが故に終わりを迎えられない戦争という設定なら、かつてスタートレックオリジナルシリーズTOS(カーク船長のやつ)で描かれた、国同士のコンピュータによって戦況が決められ、確率で死亡決定されただけの人民が、黙々と自発的に処理マシーンに入って死んでいく戦争が二百年以上続いているという世界の方が私にははるかに恐ろしい



 あと、ティーチャーと呼ばれる、ただひとり大人のスーパー戦闘機乗り(大人げねぇ奴だよ、まったく)が出てくるんだが、説明不足だし、よくわからないし、そんな奴どうでもいいや。


 「スカイクロラ」
 雰囲気だけで映画を楽しめる人は、観てもいいんじゃないかな。

 実際、かなりの人が、この作品の雰囲気を愛し、静かでストイック(というか、わたしはそれを操作された無感情というべきだと思うが)なキルドレの言動を好ましく思っているようだ。

 これを、ほぼ書き終えてから他の人の感想を読んでみると、皆、すばらしく深読みをしていて感動させられるばかりだった。キルドレを現実のピーターパン・シンドローム(死語?)の若者と重ね合わせ、場合によっては、押井監督の言動、コメントを含めて解釈を試みる人すらいるようだ。

 でも、それって本当に作品自身を評価しているのかなぁ。

 そして作り手の態度はそれで正しいのだろうか?
 わたしが、何か作品を書くときに気をつけているのは、自分(作者だけ)が分かっていることを、皆が知っていると思って書かないようにする、ということだから。

 あ、そうだ。今、思いついた。
 たった、ひとつ、この作品を理解するのに最適な方法があった。
 「スカイクロラ」を寓話、つまりオトギバナシと考えることだ。そうすれば整合性など必要なくなる。雰囲気だけで、ほんのりメランコリックで女性的なストーリーも納得できる。
 女性あるいは、女性コミックに親しんだ男性にはウケるだろうな。

 最後に、この映画のキャッチ・コピーは

もう一度、生まれてきたいと思う?

という、ちょっとフェミニンなものだが(そうか、脚本は女性?)、多少の悪意と揶揄(やゆ)をこめて、わたしがコピーをつくるなら、

また、あのひとは新しくなって還ってくる

にするだろうな。

|

« 迷いの無い目 〜スピード・レーサー〜 | トップページ | エンドレス・サマー1 〜スカイクロラ〜 »

アニメーション感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンドレス・サマー2 〜スカイクロラ〜:

« 迷いの無い目 〜スピード・レーサー〜 | トップページ | エンドレス・サマー1 〜スカイクロラ〜 »