« 死ぬより、恐ろしいこと X−MEN FINAL Decision | トップページ | 各論賛成、総論反対 〜有頂天ホテル〜 »

2006年9月 6日 (水)

僕と彼女のメランコリィ (海の向こう約束の場所)

 海の向こう約束の場所を観た。

 この項は作品を観てないとわからないでしょう。
 以下ネタバレです。
















 作業の多くを一人でこなすという、この映画の作者、新海 誠は、メジャー・デビュー「ほしのこえ」以来、遠く引き裂かれる若い恋人たちの憂鬱を、手を変え品を変え描き続けている。

 この映画も、正に、若さに特有のメランコリー、否、孤独感を、まるでラスヴェガス近くの廃ガスタンド跡といった風情の、妙に乾燥した廃駅を背景に展開している。

 ひと気のない朽ち果てた建物、それはいかにもノスタルジィを感じる風景ではあるのだが、はたしてそういったチューボー時代の思い出に、高校に毛が生えたくらいの歳の若者が、チョイフケオヤジが学生時代に感じるような郷愁を抱くものだろうか、という疑問は残る。

 むろん、意識の深層部が眠り続ける恋人とつながっているための孤独、それゆえの郷愁という説明はできるだろうが、ちょっと独りよがりの感じが強い。

 次元転移実験の副作用で眠り続け、その夢の中で「世界の中心でたったひとりで体育座りする」女の子という設定もストレート過ぎてツライものがある。

 平行宇宙を「現宇宙の見る夢」と位置づけるのは、ママある手法ではあるが、それならもう一歩踏み込んで、自分たちの宇宙こそが平行宇宙の見ている夢なのだ、という「胡蝶の夢」的不安感を作品に持ち込んでも良かったのではないだろうか。

 誰もいない世界にひとりいる少女の見る夢こそが、我々の世界なのだと。

 彼女が夢見ることをやめたら世界は消えるのではないか、と。

 主人公の少年が、いみじくも「僕には、佐由理が輝く世界の中心にいるように見えた」と言っているではないか。

 この言葉にもっとウエイトを置いて、少女を軸に、我らの島宇宙を裏返すような力業も見てみたかったというのが、わたしの正直な感想だ。

 この話は、もともと我々の世界ではない、平行宇宙を描いた、別のタイムラインの世界の話なのだから。

 北海道がロシアによって占領されている世界。

 主人公にとって「約束の場所」とは、ユニオンと称する露助連合によって四十数度線を境に外国になってしまった北海道、蝦夷に立つ巨大アンテナ(なのか、よくわからん)で、それはただのランドマークに過ぎない。

 そこにいけば、何かがあるというわけではない。ただ行ってみたい。

 単純に、星にあこがれる星ネズミのようなものだ。

 だが、それは「スター・レッド」で、少女レッド・星が火星にあこがれるのとは一線を画している。

 セイにとって火星は故郷だ。だから郷愁を感じる。
 それこそ、深層心理に植え込まれた見知らぬ記憶、本来あり得ぬ郷愁によって、どうしようもなく惹かれてしまうのだ。

 だが、「海の〜」の主人公にとって、塔はそれほどのあこがれの場所ではない。

 少年らしい、巨大で未知なるものへのあこがれにすぎないのだ。だけどいつも気にはかかっている。

 だから、少女が唐突に姿を消した後、東北から東京の学校に移ると、エヴァンゲリオン体質の陰気で無気力な生活に埋没してしまうのだ。ここらへんの平仄はあっているのだが……

 「スター・レッド」の話をしていて気がついたのだが、彼のメランコリックな表現文法(妙な言い方だが)は、少女漫画のそれに近いのではないだろうか。

 改めて考えると思考方法、感性もそれに近いように思える。
 おそらく、作者、新海誠は少女漫画野郎だったに違いない。
 しかも昭和四十年代〜五十年代の萩尾望都、竹宮恵子あたりのファンだ。

 ブラッドベリやヴォグト、ニーヴン、カート・ヴォネガット・ジュニアなどの、活字によるSFファンではなく、女流漫画作家によるSFコミックによってできあがったSFファン、という評価が妥当なところかもしれない。

 しかし、それでいいのか?

 かつて漫画をかくために漫画だけを読むな、とはよく言われたものだが、アニメの場合はどうなのだろう。


 それはさておき、本作は、キーワードである「約束の地(プロミストランド)」を、望んで得られぬ理想の地だと考えるのは少年期を過ぎた我々の考えであって、(愛する少女と)正にその約束の地に居ながらそれとは気づかず、いずれは出て行かねばならぬその場所で、あるはずのない場所を必死に探すことこそ若者の特権なのだという真実を、はっきりと示し得た作品ではあった。


 といった、ちょいカンネン的な話はこっちにおいて、もう少しざっくばらんな感想を付け加えよう。

 全体に、この作品の値打ちを下げているのは、少年たちに対する大人のキャラクタとして登場する鉄工所のオヤジの存在だと思う。

 なにやら裏の組織とツルんでロシアに仇為そうとしているのは分かるのだが、何せオヤジの線が細い。

 新海は、おそらく押井の作品に影響されて、そういった大人キャラを作ったのだろうが、ガワだけ作って魂が入っていないというか、なんだかスカスカな感じがして仕方がないのだ。

 (このあたりからも彼がコミックやアニメによって作られた作家であることも見て取れる) 

 精神的なゴクブト(極太)感がないというか……

 そういったところに、作者のガキっぽさが出てしまったのだな。

 考えてみればわかるでしょう。地下で暗躍するレジスタンスの闘士が、子供を使った作戦など実行するはずが無いことは。

 それが、たとえ間違っていようとも、子供には任せず、自分たちの力で異次元転移塔を倒そうとするはずだ。

 子供に頼るような軟弱な心持ちで地下を生き延び、巨大な国家に仇為すことなどできるはずがない、と思っていなければレジスタンスなど三日ももたない。

 もし子供を使うなら、捨て駒として使うべきなのだ。

 個人的に、好きではないが、そのあたり押井やその弟子たちはよく分かっている。

 さすが遅れてきた全学連闘士。

 新海誠は、こういったオヤジを出す前に、せめて「テロリストのパラソル」を何度か読み返すべきだった。

 それはさておき、この作者に対して、SF要素を排した作品を作った方が良い、とする意見があると聞いたが、それは間違いだではないかと思う。

 理由は先に述べたが、新海誠は「ほしのこえ」の頃、いやそれ以前からの、生粋のSF野郎なのだ。

 まずマンガ好きでアニメ好きなSF野郎で、加えてメランコリックでセンチメンタルなノスタルジィが好きなだけだ。

 その順番は、決して逆ではない。

 まずSFありき。それが彼のストーリィメイキングの基礎となり、発想の原動力になっている。

 ゆえに、SFを抜きにしてメランコリックかつセンチメンタルなハナシのみを描こうとしたら、バラスト抜きのヨットを海に浮かべるのと同様、直ちに転覆して二度と浮かぶことは無いだろう。

 近々、そういった作品に本格的にチャレンジするとのことなので、どうなるのか楽しみに待つことにしよう。

|

« 死ぬより、恐ろしいこと X−MEN FINAL Decision | トップページ | 各論賛成、総論反対 〜有頂天ホテル〜 »

アニメーション感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕と彼女のメランコリィ (海の向こう約束の場所):

« 死ぬより、恐ろしいこと X−MEN FINAL Decision | トップページ | 各論賛成、総論反対 〜有頂天ホテル〜 »