« ただ黙って消え去るのみ さらばパソコン通信 | トップページ | 初心にかえれ! 牙狼 第12話 »

2006年4月 8日 (土)

Without Saying Good-Bye サムライ・チャンプルー


 サムライ・チャンプルーが終わった。

 もとより、制作されたのは随分まえの作品だから、今回、アニマックスで放映されていた分が終わったということなのだが……

 すっきりとした綺麗な終わりかたで、見終わってこんなさわやかな気分になったアニメーションは久しぶりだった。

 まさしくロードムービーの王道。

 若き日の医学生チェ・ゲバラの貧乏旅行を描いた佳作「モーターサイクル・ダイアリーズ」がそうであったように、ロード・ムービーとは、主に若者が経験する一片の夢だ。

 必ず終わりのある夢。

 夢であるが故に素晴らしく、そこから離れたくなくなる世界。

 そして、これは、多分にわたし個人の理想なのだが、終わったあとで、その終着点から元気に手を振って歩き出せる夢、それこそが最高のロードムービーだと思えてならない。

 ロード・ムービーの範疇(はんちゅう)には入らないかもしれないが、萩尾望都の「11人いる!」が「チャンプルー」と同様の感慨を抱かせる作品だった。

 萩尾望都は、「11人〜」「続・11人いる東の地平 西の永遠」の後、「スペース・ストリート」というギャグ漫画で、主人公たちの学生生活を描いていたが、この「チャンプルー」も、必ずアフターストーリーが描かれなければならないだろう。

 孤独なまま集まった三人が、旅の果てに、自分の中に欠けていたピースを見つけ、しっかりと自身に嵌め込んでゆっくりと歩き出す。

 さよならを言わずに別々の方向へ。



 実際、「カウボーイ・ビバップ」と、同じ者の手になるとは思えないほどに、「チャンプルー」の完成度は高かった。

 単にわたしがジダイモノを好きなだけかもしれないが、それだけが要因とも思えない。。

 機会があれば、全話ぶっ続けで観てほしい。

 そして自分の目で確かめて欲しい。

 玉石混淆(ぎょくせきこんこう)ではあるが、そのイシですら、凡百な作品よりは数段上であるものだから。

|

« ただ黙って消え去るのみ さらばパソコン通信 | トップページ | 初心にかえれ! 牙狼 第12話 »

アニメーション感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Without Saying Good-Bye サムライ・チャンプルー:

« ただ黙って消え去るのみ さらばパソコン通信 | トップページ | 初心にかえれ! 牙狼 第12話 »