« この男は実在する! いや、実在した! マス・オーヤマ リアルフィギュア | トップページ | 声に出して読みたい日本語 〜おわりに〜 »

2006年3月25日 (土)

わたしが死んだら墓には…… 座右の銘


 人類には二通りある。

愛する者と結ばれなかった者」と「愛するものと結ばれて後悔している者」だ。

 というのは冗談だが、確かに人類には二通りのタイプが存在する。

 それは、座右の銘を「持つ者」と「持たぬ者」だ。
 
 ざゆうのめい=>広辞苑によると「常に身近に備えて戒めとする格言。ざうめい」とある。
 つまり、つねに引き合いに出す格言、あるいは金科玉条といってもよいだろう。

 長らくわたしも、「持たぬ」タイプに属していた。
 しかし、なんらかの「ざうめい」は持ちたいと思っていた。
 座右の銘を持つ、というのは、何となくスノビズムをくすぐられるではないか。

 だけど、「一意専心」だの「敬天愛人」だの「漱石流枕(そうせきりゅうちん)」だのという格言は、どことなくエエカッコの匂いが漂う上に、なんだかピンとこなかった。

 かといって「怒髪天」とか(バンド名じゃねえよ)、「四面楚歌」なんてのもなんだかね(もちろん中国の故事だけが格言じゃないけど)。

 ここで、ちょいと、著名な先人たちの格言を紐解くと……あるわあるわ、さすが一家言持っている方々、ちょっと書き上げてみると、


人間の一生について、また彼の運命全体について
それを決定するものは、ただ瞬間のみ
●ゲーテ

 さすがギョホエテ、気取っとりますな、ファウスト博士!


「風とゆききし雲からエネルギーを取れ!」
●宮沢賢治

 よくわからんが、イーハトーヴォのあめゆじゅとてちてけんじゃは、イッテますね。


「常に無欲にして万物の妙をみる」
●老子

 よっぽど自分をエライと思っているって感じですね。まあ、偉いんだろうけど。


「おもしろきこともなき世をおもしろく」
●高杉晋作

 これはちょっとエエかもね。「三千世界の烏を殺し 主と朝寝がしてみたい〜」だけのことはある。


 しかし、これらを見ても、心の琴線に触れるものは今までなかった。

 そう、今までは。

 しかし、先日、ついに見つけたんですよ。わが座右の銘を。

 いやぁ、嬉しかったなあ。こういうぴったりなのを見つけた時は。

 作者が、ジョージ・ウッドンというよくわからない人物(何かで有名なひとなのだろうけど)というのは関係ない。

 こんなに感銘を受けた言葉は、マークトウェインが、黒人差別主義者を揶揄して言った「わたしには嫌いなものがふたつある、人種差別主義者とニグロだ」(原訳ママ:雰囲気を伝えるために当時の訳をそのまま載せています)
ぐらいだ。



閑話休題
 わたしの座右の銘、それはこれだ!

「明日死ぬと思って生きろ、永遠に生きると思って学べ」

 多くの説明を要しないだろう。素晴らしい言葉だ。
 前句と後句が対句的に配置され、同時に後句が前句の警句となっている。

 わたしが死んだら、この文字を墓に刻んでくれ!


 「猫と女性を愛した無名の男、ここに行き倒れる」でもいいけど。

|

« この男は実在する! いや、実在した! マス・オーヤマ リアルフィギュア | トップページ | 声に出して読みたい日本語 〜おわりに〜 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしが死んだら墓には…… 座右の銘:

« この男は実在する! いや、実在した! マス・オーヤマ リアルフィギュア | トップページ | 声に出して読みたい日本語 〜おわりに〜 »