« 押してください 奥さん! 「プッシュトーク」 | トップページ | PKD逃亡!! »

2006年2月21日 (火)

赤コン飛行機……いいかも トミー「エアロソアラ」


 友人がメールで、このブツを教えてくれた。

トミー「エアロソアラ」

  http://www.tomy.co.jp/aero_soarer/

 世の男性のほとんどがそうであったように、わたしも子供の頃からラジコン飛行機に憧れていた。

 もちろん、ラジコンカーも欲しかったのだが、やはり大空高く飛び回る飛行機に自らを重ねて(いたのかどうか知らないが)、自由な空を往く飛行機が欲しかったのだ。

 当時は、ラジコンの廉価版でUコンというのもあったが(もうみんな知らないだろうなぁ)、あれは、主翼の端からのばしたワイヤーにハンドルをつけて、くるくる回すだけの飛行機だったので、なんか自由って感じがせず、それほど欲しいとは思わなかった。

 近くの空き地で(昔は空き地がたくさんあったのだ)、どこかの金持ちのニーサンが、ラジコン機を飛ばし始めると、飽きずに見入ったものだった。

 自分で買うなんてとんでもない。ラジオコントロールのマシンは、一生かかっても手に入らない(ような気がするほど)高価なものだったのだ。

 だが時は移ろい幾星霜、国の富貴とテクノロジの進歩によって、近年では、わずか数K円で、否0.8K円ほどでミニラジコンカーが手に入り、5K円ほどで赤外線を使った疑似戦闘ができるラジコン戦車をゲットできるようになった。

 そして今、「室内で」飛ばすことの出来るラジコン飛行機が

 こういった室内遊びモノは、今までも、ヘリウムガスを使った飛行船や円盤型ヘリコプターが売り出されてはいた。

 だが、如何せん値が張った。高かった。

 しかし、今度のものは、なんと2.625k円ってしつこいな、つまり2625円。


 ちなみにこのkを使った価格表記方法って、みんな知っているのかな?

 その昔(って、今もあるのか)、コンピュータや電子楽器黎明期の頃、あるいはバイクやカー雑誌の末尾に、読者パーツ交換コーナーというのがあり、(まあ、今のオークションに似ているかな)、「買いたし」「売りたし」そして「もらいたし」という強心臓の人のコーナーがあった。
 雑誌としては広告収入があるわけではないから、そこでは厳しい字数制限がなされていた。
 利用者たちは、限られた字数を最大限に生かすため(売りものの値段は、ほとんど1000円から2,3万円程度だった)と、そして数字の桁を間違えないために、k(キロ)を使って値段を表記していたのだった。


 昔話はそこまでとして、このトミーの「エアロソアラ」。
 赤外線を使ったコントロールなので、厳密にはラジコンとは呼べないが、なんせ、風を気にせず、屋内でヒコーキをとばせるんだから最高じゃないの。

 しかし、このエアロソアラ。
 カラーのネーミングがすごいね。「ミリタリーグリーン」はともかく「カブキッドホワイト」「タトアージュレッド」「バーゴッドブラック」はすげぇ!!

 翼に書かれたマークからのネーミングだろうが、もう少し考えがあっても良いのでは?

 いずれは「ユカタブルー」とか「ハナビゴールド」、「ベッピンイエロー」「ハナミズグリーン」「ショージホワイト」「ベンジョブラウン」「ゲロハキミックス」なんてできそうな気がする。


 で、エアロソアラについてもっと詳しい情報をみようと、トミーのウェブサイトにいったら、トップページに

「くまのプーさん わたあめポット発火の危険性につき回収」の文字が……。


しかも、
「しかしながら商品回収作業の過程で2003年に製造された商品の一部にも、商品仕様と異なる部品が使用されていることが判明いたしました。弊社といたしましては、お客様の安全を期するため、当該商品について全品回収をさせていただくことといたしました。」
とは悲しすぎる。

 大丈夫かトミーピンボールやってる場合じゃないぞ!ってエルトン・ジョンか。


 まさか、エアロソアラが空中発火して部屋中に火をまき散らす、なんてことはないよねぇ。

|

« 押してください 奥さん! 「プッシュトーク」 | トップページ | PKD逃亡!! »

世の中オモシロ道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159899/47274279

この記事へのトラックバック一覧です: 赤コン飛行機……いいかも トミー「エアロソアラ」:

« 押してください 奥さん! 「プッシュトーク」 | トップページ | PKD逃亡!! »