« 見つけたぞ! 「ヘウレーカ」 | トップページ | ビミョーにミョー、否絶対に奇妙 »

2006年2月 9日 (木)

ギドラ着モーション完成!


 せんにD902iを購入した際、着メロならぬ着ボイス(動画=iモーションを使った着ボイスは、着モーションと呼ぶらしい)を作ろうとして、フリーソフトの制約から1秒の長さしかできず、正しいキン*ギドラの声を代言できませんでした。

 しかし、このたび、他の方法で着モーションを完成することができたので記録しておきます。
(以下、D902i用の設定となりますが、他の機種でも使用可能だと思います)

1.まず、音声ファイルを手に入れます。
  WAV形式のものでよいでしょう。

2.動画編集ソフトで、写真や3DCG画像と音声から  AVIファイルを作ります。

  デジタルビデオや、他の動画ファイルがある場合は  それを短く切って使うことになります。

 次に、AVI動画を3PG形式に変換するために以下のサイトから

 http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/

「携帯動画変換君」をダウンロード、インストールします。
 この際、QuickTimeがインストールされていないといけないので注意してください。

 setup.exeを使って、

「3GPPファイル、音声AAC形式一般設定」

のファイルをセットアップし、変換君本体プログラム

「3GP_Converter.exe」

を起動させます。

 変換形式を「QCIF標準画質15fpsステレオ」に設定します。

 この際、画像サイズをQCIFにしないと、携帯電話が着モーションと認識してくれないので間違わないようにしてください。
 わたしはこれで随分無駄なパケット代を払いました。

 次に、できた3GPファイルを着モーションにできるよう、データ・ヘッダの書き換えをします。

 そのために、フリー・ソフト「着もと」を使います。

 以下のサイトで、「着もと」をダウンロードしてください。

 http://www.chitora.jp/tyaku.html

 iモーションファイル(.3GPファイル)のあるフォルダに移動して、[編集(E)]-[着もと化(R)]を実行します。
 ファイルは変換され、上書きされます。


 出来たファイルを、ウェブサイトにアップロードします。 

 Docomoの携帯電話は、パケット通信費で稼ぐためか、着モーションは、必ずネット経由でダウンロードしたものでなくてはならないからです。


 901以降をお使いであれば、わたしの作ったギドラ着モーションをお試しください。
(アドレスは、上のバーコードにて)

|

« 見つけたぞ! 「ヘウレーカ」 | トップページ | ビミョーにミョー、否絶対に奇妙 »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギドラ着モーション完成!:

« 見つけたぞ! 「ヘウレーカ」 | トップページ | ビミョーにミョー、否絶対に奇妙 »