« あれに似ている…… | トップページ | アフロ・シンデレラ(アフロサムライ) »

2006年2月17日 (金)

死体を撮るな


 毎日新聞に、最近、葬儀で故人の顔を携帯電話のカメラで撮る人が多い、と嘆く記事があった。

 わたしも、十数年前に祖母が死んだ時に、葬儀の様子をずっとビデオで撮っていたから偉そうにはいえないが、家族が故人を撮影する気持ちはわかる。

 もういなくなってしまう人、なくなってしまう体をせめて映像にでも残しておきたいと思うのは、異常な気持ちではないはずだ。

 当時、坊主が私に向かって「死者を悼め」と高飛車に言い放ったので、強烈な暴力衝動を抑えるのに苦労したものだった。

 たとえ坊主であろうと法王であろうと、一番愛した者が愛する者の最後のすべてを残しておきたいと考えることに異を唱えることなどできない。

 訳知り顔で説教をした、脂ぎった坊主の顔は今も忘れていないが、ああいう似而非ボウズは、跡継ぎ息子が結婚して寺を増築するために、寄付を募るなどして馬脚を現し、世の宗教離れと相まって朝の露のごとく消えていくのだ。

 まあ、それはさておき、ただの列席者が死体を撮影するのがわからない。
 いったいどういう気持ちなのだろうか。

 特に三十〜四十代が平然と撮影していくそうな。
 おそらくは、あの腕を伸ばしたケータイカメラ用バカポーズ(*)をして撮影しているのだろう。

(*)東海林さだお氏は、エッセイの中で、サッカー選手が空に上がったボールを追いかけ、その下に群がって上目使いに白目をむく、その浅ましい目つきが嫌いだという名言を残しているが、わたしは、道で芸(ノー)人を見かけると、すぐに腕をまっすく伸ばし、鼻の下もついでに伸ばしながら、両目を真ん中に寄せて、ケータイカメラを突き出すオバサンたちが嫌いだ。
 浅ましさ丸出しな感じがしてね。
 おそらく、彼女たちには、外から自分がどう見えているか、という想像力が欠けているのだろう。
 電車の中で化粧をするタイプだな。


 ともかく、撮るなら安易に携帯電話の付録で撮らずに、きちんとしたカメラで撮れ。
 それが死者に対するせめてもの礼儀だ。

 それ以前に、家族以外は絶対にそんなことをするべきではない、という常識を働かせるべきなのだが、今の三、四十代にそれを言っても無駄だろうなあ。

 記事中で面白く感じたのは、十代の若者たちは、そういった光景に出くわして、「え、そんなことをしてもいいの?」と健全な反応をとることだ。

 彼らには、学校で、あるいは親を演じる年長者からのシツケで、それはいけない行為なのだ、という常識がまだ残っているのだ。

 だが、学校を離れ、親に反抗し、独立して数十年を経た三、四十代には、そういった禁忌感がほとんど残ってはいない。

 彼らは(わたしも含めてだが)、かつて自由を求め、やがて自由になり過ぎて、寄る辺を失い暴走し続けるストレイ・シープなのだ。

 そういった、いわゆる心の危機に気づいたものが、禁忌と制約を求めて戒律の厳しい宗教に走ったりもする。


 しかし、新聞記者たちが、自分でモノを考えようとせずに、すぐに作家だのセンモンカだのといった権威に頼るのはどうにかならないものか。

 無論、そういった権威の後ろ盾を求める読者自体に問題があるのだが。
 
 この記事についても、例によって「メディア社会論に詳しい」評論家なるものに意見を聞いているが、これが、かなりのピンボケ発言をかましていて面白い。

「対象を撮影し、他者と共に確認しなければ”リアリティ”が感じられなくなっている。葬儀も焼香だけでは満足できなくて、故人との確かなつながりを持ちたいとの思いから撮影するのだろう」

 そんな殊勝な気持ちなのかなあ。

 どちらかというと、葬式はビッグ・イベントだから、記録しておけば、あとで何かで必要になった時に「使える」カモ(例えば、葬儀に来られなかった人に見せたり)程度の、かつてインターネットが無かった頃の、情報貧乏だった時代の恐怖感から、何でも記録しておこうとしているだけなんじゃないかな。




 ちなみに、写真は、旧東ドイツ、アイゼナハにあるワグナー博物館所蔵の彼のデスマスクだ。トスカニーニのデスマスクも結構有名。
 海の向こうでは、デスマスクはごく当たり前に作られる。
 さらに、レーニンや金日成は遺体がガラスのケースに入れて飾られ、ザビエルのミイラはインドでみることができる。

|

« あれに似ている…… | トップページ | アフロ・シンデレラ(アフロサムライ) »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死体を撮るな:

« あれに似ている…… | トップページ | アフロ・シンデレラ(アフロサムライ) »