« ゴシカ | トップページ | 僕の好きな道具 »

2005年8月22日 (月)

おまえを、信じているよ……(ロボッツ:異人たちとの夏)


 この映画、内容はともかく、スクリーンに映し出される画がつらい。
 CGで映画を作るようになって、すべてに細かく書き込めるようになったが故に、不必要な書き込みが多すぎて目が疲れるのだ。

 いらないものはピントをぼかし、トリミングしなければ、結局、何を一番見せたいのか分からなくなる。
 CG故の、ごちゃごちゃとすべてにピントのあった画面は、旧人類の我々にはついていけないのだ。

 それはともかく、先に内容は……と書いたが、ひと言だけいえば、これはステロタイプの成功者賛美ストーリーだ。アメリカ人の好きな展開だ。ハリウッドムービーの多くが、成功者の方に興味があるのだから無理はないのだが。

 それを如実に表しているシーンが、物語のラスト、成功した主人公が凱旋帰国し、両親に会うシーンで、父ロボットが「お前のことを信じてたよ」というところだ。

 これがなんとも安っぽくて、とってつけたような印象が強すぎて辟易する。

 ロボットのくせに、過剰に表情を変化させて感情表現をするため(これは物語全般にいえる演出だが)に、なおさら嘘くささが目立つ。

 なんというか、本当に信じていなかった息子が、思わぬ出世をして帰ってきた。
 さあ大変、と、その機嫌をそこねないために、精一杯愛情と信頼を過剰に表現しているデキの悪いパパ、といった感じなのだ。

 さすがアメリカ。是が非でも成功しなければならない国。成功者以外認めない国。

 しかしながら、少しでも長く人生を生きていれば、誰しも、何事につけ成功より失敗の方が多く、成功自体はほんの一時の運命のきまぐれにしか過ぎないということに気づくものだ。

 成功した者をほめるのはたやすい。信頼していたということも然り。

 だが、努力をしても失敗してしまった者にこそ、信頼が必要なのだ。

 ましてロボッツは子供用映画だ。

 この映画を観て感銘を受け、信じてしまったら(イマドキの子供は、そんなに愚直ではないと信じるが)、主人公と同一化を望むあまり、現実の自分が失敗をした時、主人公との乖離を認めることができずにショックを受けるかもしれない。

 成功しなければ両親は認めてくれない、とすり込まれたらどうするのだ。 

 確かに、憧れていた発明王から「国へ帰れ」と言われた主人公に対して、電話で、「お前には才能があるから頑張れ」と励ますシーンはある。だが、それは尾羽打ち枯らし、ボロボロになった息子を無条件で信じる親の愛ではない。友だちが掛ける程度の励ましに過ぎない。まだ可能性があるから頑張れ、と。駄目な息子を無条件で許容、信頼しているのではないのだ。

 その対極にあるのが、邦画「異人たちとの夏」で、主人公、風間杜夫の父を演じる片岡鶴太郎の台詞だろう。

 この映画は1988年の各賞(もちろん日本の)ほぼ総なめ。原作の山田太一に力があるためか、脚本の市川森一、監督の大林宣彦も気持ちよく仕事をしている感じがする秀作だ。

 映画の内容自体は別項で書くつもりだが、この物語の中で、四十男で離婚歴があり、テレビドラマの脚本家の風間杜夫が、両親の幽霊と出会って、涙ながらに、

「俺は夫としても父親としても失格だし、仕事もたいしたことはしてない……」

と心情を吐露する場面がある。

 この時、鶴太郎演じる父親は、優しげなまなざしで静かに言うのだ。

「そんなに自分を悪く言うもんじゃない。誰だって自分が可愛いんだ。お前はよくやってるよ」

 両親は三十代で、二人乗りする自転車ごとトラックに撥ねられて死んでいる。

 つまり、息子より年下なのだ。

 若い父が、白髪交じりの息子に寄せる信頼と愛情。

 本当の気持ちは言葉では伝わらないことが多い。

 口にすれば嘘になる。

 だが、お為ごかしではない、言葉にすれば上滑りしてしまいそうな励ましでも、深い愛情から発せられたものであるなら、人の心は自然に受け入れるものだ。

 この心情は、成功至上主義のアメリカン・ウェイ信奉者にはわからない、だろうなぁ。

|

« ゴシカ | トップページ | 僕の好きな道具 »

銀幕のこと(映画感想)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまえを、信じているよ……(ロボッツ:異人たちとの夏):

« ゴシカ | トップページ | 僕の好きな道具 »