« キャプテン | トップページ | スモールビル »

2005年7月29日 (金)

ラッパ飲み

 最近のテレビコマーシャルで、女性が、ジュースだがなんだかをラッパ飲みしている姿を見かける。

 しかも、歩きながらの「ながら飲み」である。

 どうも、制作者の側に「ながら」は行儀が良くないことだ、という認識が欠けているようだ。

 アイキャッチを高めるために、老人に奇妙な踊りをさせるのも良いだろう。
 画面に登場する全員が、バカみたいな振り付けで踊り出すのも仕方ない。
 それはテレビの中の出来事だから。

 だが、普段着で歩きながら、突然飲料水をラッパ飲みするのは、あまりに日常的で、すぐに真似ができることだけに、より危険ではなかろうか。

 その姿は、みっともないだけでなく現実的に危ない。

 携帯電話を掛けながら車を運転氏、自転車に乗るのと同じく、人は思っているほど同時にたくさんのことを、安全に行えない動物なのだ。

 自己をしっかりと確立していない者は、目から耳から入った情報に翻弄され、すぐに真似たがる。


 最近まで毎日新聞の夕刊で、二十年ほど前の、CM(CFか?)に踊らされたカップルが、今はどうなっているか、という短期集中特集をやっていたが、これが興味深かった。

 たとえば、ある夫婦は、酒造メーカーの「女房酔わせてどうするの?」というCMを観て、あのような夫婦になりたいと願い、共働きで、一見ハイソサイアティな生活を手に入れたものの、結局は、生活のすれ違いが原因で夫婦仲がギクシャクしてしまった。

 共に五十をこえ、今は、もっと落ち着いた夫婦の絆を模索しているところだと、記事で、白髪交じりのふたりは苦笑していた。

 多分に恣意的な記事ではあるが、実のところ、こういう例は多いのではないだろうか?


 なぜなら、我々凡夫はテレビによって多大な影響を受けるから。

 まして、子供たちはなおさらだ。

 無駄とは思うが、テレビには身を美しくする一端を、なんとか担って欲しいものと切に思う。

|

« キャプテン | トップページ | スモールビル »

森羅万象気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッパ飲み:

« キャプテン | トップページ | スモールビル »